皆さん、こんにちは。

二宮翔会の辻下です。

 

挑戦も残り3日となりました。早いものです。

改めてになりますが、目標達成となりました。ありがとうございます。

後は物を形にするだけ!飛行機を完成させるべく頑張ります!

 

さて、今日はプロペラ班について紹介します。

プロペラ班は何をしている班かと言うと、、、

プロペラを作っています。言わずもがなですね。

 

人力飛行機においてプロペラとは、推力を一手に担う部分です。

足でペダルを漕ぎ、プロペラを回して推力を得ます。大きな扇風機ですね。

二宮翔会では以前にプロペラを製作したことがあるのですが、TF(Test Flightの略で試験飛行を指します)で折れてしまい結局はそれ以前にあったプロペラを使用することになりました。

 

今回の機体製作ではプロペラも新調します!

自分たちで設計したものを、自分たちで作り、これまで使用してきたプロペラに匹敵する、いや超えるペラを製作していきます。

以前に翼班を紹介したと思いますが、プロペラの構造も翼ととても似ています。そのかわりサイズが小さくなるので、精巧で緻密な技術が必要になります。

作業の基本は、削り出す・くっつける・やする、などと、決して派手な作業ではないですが、毎日地道に頑張って新作ペラの完成を目指します!

 

ペラの大きさは二枚合わせて約3メートル!

 

新着情報一覧へ