プロジェクト概要

地域の子どもたちが気軽に英語に触れ合える場所を提供したい!子どもたちに"可能性"を増やしてあげたい!

 

初めまして。湘南アルプスイングリッシュスクールの上西史晃と申します。私はカナダにてTESOL(英語教授法)・TEFL Young Learners(児童英語教授法)資格を取得後、帰国。現在は英語講師をしております。英語教育の重要性、特に小さい子どものうちから英語を学ぶことの重要性が唱えられているにも関わらず、子ども達が英語に触れ合う機会があまりないのが現状です。英語を獲得することにより、将来の可能性がどんどん広がっていきます。その"可能性"を広げてあげるのが私の役目です。

 

そこで当校では、授業が行われない時間を地域の住民の方に無償で解放し、洋書が読める図書館や英語に触れることのできる交流スペースとして提供したいと考えております。皆様、子どもたちの“可能性"を一緒に広げていきませんか?

 

(子ども達は好奇心旺盛でカラフルな洋書の絵本に夢中です)

 

 

地域に小さな子どものための交流が少ないことや、英語の洋書に触れる施設があまりないことから、図書館設立を思いつきました。

 

地域に赤ちゃんなど小さな子どものための交流の場が少ないこと。また、英語の洋書に触れることのできる施設があまりないことから、地元の方が自由に英語に接することのできる図書館設立を思いつきました。地域の方々からは、「子どもが小さい間は周りの方への迷惑などを考えて一般的な図書館へはなかなか連れて行きづらい」「書店では本が溢れていて、どの本が子どもに向いているのかが分からない」という声が。そこで、図書館を設立することで、子どもだけはなく大人の方も気軽にいらしていただいて、英語の読書に励んでいただければと思います。

 


(ハロウィンなど外国の文化を紹介するイベントも開催予定です)

 

 

アメリカでは子どもたちが活き活きと言語を学んでいます。

 

以前、海外に滞在していた時に現地のアメリカ人の子ども達に日本語を教えていた経験があります。アメリカでは子ども達が様々なアクティビティを通して活き活きと言語を学んでいる様子がとても印象的でした。それらのメソッドを日本風にアレンジしながら、日本の子ども達の英語への接点を増やすことができればと思い、児童英語教育に感心を持つようになりました。

 

(カナダにて移民の方に英語を教えておりました)

 

 

言語学者第一人者によると、ある年齢をすぎるとネイティブレベルの言語習得は不可能になります。

 

ある年齢を過ぎると言語習得はすごく難しくなります。赤ちゃんのときは砂漠に水がしみ込むように言葉を覚えられるのに、大人になるとものすごく大変。この「自然に言葉が習得できる年齢」のカットオフは、思春期前後=12−15歳頃と考えられており、17歳くらいが限界と考えられています。そして、このカットオフは「臨界期=critical period」***と呼ばれます。1歳と17歳の間はどうなのか、というと7歳くらいまではほぼ母国語並みに習得可能で、その後17歳くらいまでの間にジワジワと能力が失われていく模様。だからこそ、幼少期からの英語教育に力を入れたいと思っています。

 

(言葉の臨界期はこのように低下していきます。年齢が低ければ低いほどスポンジのように吸収するのです)

 

 

英語の絵本の読聞かせを行ったり、英語ゲームを行うなどして地域の方の憩いの場となるような空間を提供できればいいと思っています。

 

設立予定の図書館は、具体的には赤ちゃん連れのお母様にいらしていただいて、英語の絵本の読み聞かせを行ったり、夏休みなど子どもが学校のない時には英語のゲームを行ったりして、地域の方の憩いの場となるような空間として提供できればと思います。

このプロジェクトを実施するにあたり、子ども達に読み聞かせる洋書の絵本や本100冊分の購入費、子どもが触れることの出来る外国の玩具購入費、また視覚的に英語を学ぶためのプロジェクター購入費、乳幼児のための設備(ベビーベッドや転落防止用器具)購入費、合わせて60万円が足りません。

 

(最初は週に1回を目安に開催し、徐々に頻度を増やしたいと思います)

 

 

児童英語教育を通して、日本の子ども達が大きく羽ばたいていくことを何より願っています。

 

小さい頃から、身近な場所で気兼ねなく英語に慣れ親しむことで子ども達はぐんぐん吸収していきます。お母さんや地域の人々と一緒に、活き活きと英語を吸収することができる場所として、ぜひ今回の図書館を設立したいと思っております。日本の将来を担う子ども達が、少しでも世界に目を向けることのできるチャンスを与えられることのできるように、私自身出来る限りのことをしていきたいと考えておりますので、皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 

(カナダの大学にて英語教授法を学んだ際のものです。将来、海外へ羽ばたくことのできる子ども達を育てたいと願っています)

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆引換券◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

・サンクスメール

 

・グリーティングカード(クリスマスカードなど)

 

・英会話講師厳選の洋書絵本を1冊プレゼント

 

・外国の玩具を1つプレゼント

 

・茅ヶ崎メンチ3種(湘南名物のメンチカツです)

 

・海外の学校で使われている小学生向けテキストを1冊プレゼント

 

・あなたのオススメ英語本を図書室に設置(希望者のみ)

 

・当校クラスの正規授業料半額券(2カ月分)

 


最新の新着情報