クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナに唯一残る工場で紡がれる最後の織物の物語を伝えたい

北村記世実(パレスチナ・アマル)

北村記世実(パレスチナ・アマル)

パレスチナに唯一残る工場で紡がれる最後の織物の物語を伝えたい
支援総額
986,000

目標 870,000円

支援者
90人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
22お気に入り登録22人がお気に入りしています

終了報告を読む


22お気に入り登録22人がお気に入りしています
2015年02月05日 17:39

サポーターの声をいただきました⑤

みなさん、こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

一昨日、用あって現地の工場に電話しました。年明けから色々あったので、パレスチナの方々にはとても申し訳なく、顔向けできない心持だったのですが、「ハーイ、キヨミ。元気か?」と、いつも通り明るい笑顔で応えてくれてホッとしました。

 

この関係性が変わることなくずっと続くことを、心から願っています。

 

さて、今回もサポーターの声をご紹介いたします。このお二人はチャレンジ支援講座で学んだ起業仲間です。

 

★サポーター:「ちょうちょ結び」ながた ちよさん

 

 

【支援の理由】

今まではテレビで見る遠い国での出来事、悲劇だと感じていたことがお知り合いの北村さんを通じてみると、とても身近に感じました。顔も知らない方々の団体への募金じゃなくて、北村さんへ直接思いを託すことにも大きな意味があると感じています。

 

【支援を通して期待すること】

私も知りませんでしたが、パレスチナ刺繍は独特の色合いが可愛くて、デザインも多様です。
エスニックなものから、北欧風のものまであり、まだまだ隠れた魅力が秘められていると思います。
世界のみなさんにパレスチナ刺繍の魅力を知っていただくことから、パレスチナが抱えている問題への関心につながると期待しています。

 

 

 

ちょうちょ結びさんは「心地よい居場所づくり」をコンセプトに活動をしています。天然のアロマと自然素材(ドライフラワーや木の実)をつかった雑貨の販売と手作りワークショップを開催中です。

 

★サポーター:「金森商店」磯田友佳子さん

 

【支援の理由】

 

金森商店は、卵・乳製品をつかわない普段のおやつをつくっています。

 

 

去年行ったパレスチナ講演会の際に、パレスチナのオリーブオイルとザータルという現地の香辛料を使ったお菓子をふるまって下さいました。受講者の方々にも、とても好評でした。

 

 

5月にファブリカ村で行われる予定のパレスチナ・カフェ(講演会&お茶菓子)でも、お菓子をご用意いただきます。ご期待下さい。

 

パレスチナの最後の織物を守るためのプロジェクト。このままREADYFOR?のトップページに掲載され、このような織物があるのだと広く知って頂ければ幸いです。

 

そのためには、たくさんの「いいね」が必要です。ぜひこの下にある「いいね」ボタンを押して下さい! ご協力、よろしくお願いいたします。 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■みなさまからのご支援で完成させるブランドブック(非売品。A5サイズ・約16ページを予定)
■現地の写真家が撮影した写真で作るサンクスカード
■アマル通信(報告書)

支援者
52人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて、
■現地の女性たちが作ったパレスチナ刺繍の小物製品
*色やデザインはこちらで選ばさせて頂きます。お楽しみに。

支援者
26人
在庫数
74

20,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて、
■パレスチナ写真集「PALESTINE -CHILDREN OF BIL'IN-」
*流通などの問題により、他のパレスチナにちなんだ本になることもございます。予めご了承下さいませ。

支援者
2人
在庫数
8

30,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて、
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
*色柄はこちらで選ばさせていただきます。お楽しみに。

支援者
10人
在庫数
20

50,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて、
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
色柄についてはプロジェクト成立後メールにてご相談させてください

支援者
2人
在庫数
13

100,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて、
■白×黒のパレスチナオリジナル「ラスト・カフィーヤ」1枚
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
色柄についてはプロジェクト成立後メールにてご相談させてください

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする