プロジェクト概要

青森YouTuber "飴野天機"!全日本の青森好きを増やすため!

皆様のリクエストにお応えして!

行ったことない/見たことないPR動画を配信します!

 

Googleに掲載されていない場所に知られざる魅力がいっぱい!

青森県の魅力を全国にもっと知ってもらいたい!

 

はじめまして、青森の魅力を発信し続けるYouTuber、飴野天機です。青森県に生まれ、青森に育てられた33歳です。およそ10年程前から、趣味の延長でブログ等を通して青森の魅力を写真で紹介してまいりました。

 

現在私が注力しているのは、青森の有名な観光スポットの周辺にある、魅力的な温泉、食事処等の情報です。青森観光を計画されている方から『飴野さん、青森のおすすめ旅行プランを教えてよ』と、メール等でご連絡をいただく機会も増え、ご紹介した場所を旅程に組み込んで楽しみにしていらっしゃいます。

 

より皆様に詳細なプランをお届けできるように、Googleに掲載されていない店舗の営業時間や、詳細な写真、メニューなども拡充させていきたい。今年は今まで以上に、たくさんの場所を、より詳しく、より楽しく、より分かりやすくご紹介したいと思ます。青森観光へ来ていただけるように、全力で青森をアピールする事が、将来の青森の観光産業の発展につながると確信しております。


今回はクラウドファンディングで購入いただけるリターンに、「ここに行って来て調べてほしい!」「こんなアクティビティを体験してほしい!」などの権利をご用意しております。そして作ることができた動画を多くの人に見てもらうことで【青森の魅力を全て紹介する】ことができればこれ以上に嬉しいことはございません。ぜひ、青森のことなら何なりとお申し付けくださいませ!!
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
青森に遊びに来てくれたライダーと竜飛岬で撮影した記念写真

 

\CRF250とセロー250とスーパーカブで行く津軽半島キャンプ釣りバイクツーリング Part3/

 

\Day52 Part6 朝のガチツーリング セロー250で行く大間の旅~ちょっとマグロ釣ってくる(´・ω・`)~モトブログ/

 

 

青森の魅力って何だろう?自然?人?食べ物?お酒?
多くの人が「自然豊かで食べ物もおいしいしお酒も旨い」と言うけれど、
「じゃあどこに行けばいいの」って意外と知らない人が多いのです。

 

飴野さん、青森に旅行に行きたいけど、どこがお勧めですか?

ブログや動画で趣味の範囲で青森のことを発信して数年経ちますが、視聴者や訪問者の方から時折、「青森のおすすめの観光スポットを教えてほしい」という問い合わせを受ける様になりました。津軽半島方面や、下北方面など、場所は様々ですが、ご要望に沿えるように、旅行プランを組み立てて、メールやメッセージで送信しております。

 

例えば

家族と津軽半島を二日間旅をしたいのですが、お勧めの温泉や、有名な観光スポットを回って、最後は青森市に立ち寄っておいしいものを食べたい

という要望がありました。

私がご提案したのは以下のようなプランです。

 

1日目

新青森駅からレンタカーで北上して頂き、高野岬、竜飛岬を観光してもらい、ホテル竜飛の温泉に入り、食事をした後、青函トンネル 竜飛斜坑線、竜泊ライン展望台、十三湖、斜陽館を見学したあと、津軽地球村で一泊するコース。

 

2日目

津軽半島以外も見たいという事でしたので、深浦方面をお勧めして、富士見湖パークの鶴の舞橋、菜の花畑、鯵ヶ沢のわさお、北金ヶ沢の大イチョウ、千畳敷海岸、不老不死温泉、十二湖方面をお勧めいたしました。

 

プランを作成するときは、MAPで移動距離や時間等も計算してお渡ししております。車ですと、皆さま大体一日あたり200~300㎞くらいは走っても大丈夫との事でしたので、帰りのご予定に合わせて、間に合うように作成致しました。

 

こんなこともあります。動画を公開したある日、金曜日の夕方に「今から青森行っていいですか?」ってメールをいただいて、金曜日の晩にいらっしゃって、そのまま「プランはお任せします。竜飛岬方面で。飴野さんの言うがままについていきます!」

 

お時間の都合がつく場合は、バイクでも車でも、どちらでもご一緒しております。

 

朝、早起きして一人で津軽半島へ出かけることもあります。
灯台の明かりを眺めながら、昇る朝日を見ると、心が洗われるようです。

 

東京、神奈川、富山から青森まで遊びに来てくれたYouTube仲間との写真です。
津軽半島の竜飛岬灯台前で撮影した記念写真です。

 

 

皆様から頂いたご支援で、青森県内のすべてを回り
春から秋にかけての青森の見どころをレポートしたいと考えております。

 

これまでのこと

 

以前は車に乗り、一眼レフを片手に取材を行っておりましたが、2013年頃からはバイクを導入したことにより、燃料費を節約することができる様になりました。アクションカムを取り付けて、音声と映像を取り入れることによって、観光スポットだけではなく、途中の経路上にある美しい景観もお伝えできるようになりました。バイクでの移動は、燃費を節約できる上に、景観が良い場所で立ち止まり、写真を撮影したりすることも容易になりました。このフットワークの軽さが、私の売りの一つです。

 

2012年頃から、映像でも青森の魅力を紹介したいと思い、バイクを買って、カメラを搭載して県内の至る所に足を運んでおりますが、まだまだ紹介コンテンツが足りません。2015年頃から、ブログからYouTubeに活動の場を移行しても、動画のコメント等でも『ブログの更新はなさらないのですか?』と、質問を頂きまして、楽しみにしてくださっている方が大勢いらっしゃる事を嬉しく思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
津軽半島の小泊で見つけた大きなテトラポットの前で撮影した記念写真です。
バイクと比較してもその大きさがわかると思います。
青森は3方向を海に囲まれていて、湾もありますので、海に接している面積がとても大きいのです。
青森市の海辺で朝日を見ながらコーヒーを飲む姿。
早朝の青森を、映像で紹介する『朝ツーリング』という企画の一コマです。
背の高い建物が少なく、海が近い青森市は、朝日を見る絶好のスポットが沢山あります。
静寂な青森の朝の風景。
風のない朝は、海辺から八甲田山を見ることもできます。
写真に写っている三角形の建物は『観光物産館アスパム』と言います。
青森のお土産品や、360度のパノラマ映画を見ることもできます。展望台からは青森市を一望できます。
岩木山麓の菜の花畑で撮影した写真です。
広大な津軽平野に見事な菜の花畑が姿を現します。
毎年開催場所が違うので、ブログや動画で場所を告知致します。
岩木山も大きく立派に見えるスポットですので、是非とも青森へお越しください。

 

これからのこと


2018年4月以降、桜が咲く季節から本格的に活動を始め、県内の良好なスポットから、あまり知られていない場所まで、時間が許す限り網羅していきたいと考えております。又、効率よく移動できる経路などもGoogleMAP等を活用して、皆さまに共有できるように致します。


美しい景観等は、撮影場所等も地図上でお伝えいたします。観光にいらっしゃった方にもわかりやすいように、冊子の作成も行いたいと考えております。あまり知られていない観光地はもちろんの事、地元の産業で見学が可能な場所が御座いましたら、皆さまにご案内致します。お勧めのお土産品や、それらを購入できる場所、観光地の移動中に立ち寄れる素敵なお店や、おいしいジェラートを食べることができる牧場などもご紹介いたします。

皆様から頂いたご支援で、より多くの場所を紹介できるようになります。今までの活動とは比べ物にならない程、青森の魅力を発信することができます。何卒ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

 

夕暮れの青森市の写真です。
観光物産館アスパム前の、青い海公園で撮影した写真です。
ベイブリッヂのライトアップと、アスパムのライトアップを見ることができます。
観光客は少ないですので、静かに海を眺めることができます。
合哺公園の蒸気機関車展示
私が小さいころからずっとここにありました。
お花見のシーズンは、合哺公園に出店が立ち並びます。
青森の桜の名所の一つです。
砂浜もあり、夏は海水浴を楽しむこともできます。
手作り村鯉艸郷(りそうきょう)で撮影した写真です。
青森県七戸町の、手作り村鯉艸郷は、春を過ぎたころになると、ルピナスや花菖蒲が見ごろを迎えます。
小さな滝や、池もあり、蕎麦を頂くこともできる観光スポットです。

 

 

魅力あふれる青森を発信して、観光産業をもっと盛り上げよう!
青森へのUターンを増やして人口減少を食い止めます。

 

今回のプロジェクトを通して、より一層青森を知ってもらい、「青森に行ってみたいな」と、言ってもらえる事を目標としております。

 

きっかけは、地元商店街の衰退であり、かつての活気あふれる青森を取り戻したいと、強く願った事です。青森の観光資源は多く、県内各地に魅力あふれる観光スポットが沢山あります。しかしながらPR活動がそれほど盛んではなく、県内外でもあまり知られていない場所が殆どです。

 

昨今はTwitterやFacebook等のSNS、Youtube等の動画共有サイトの活躍により、青森の観光スポットも随分と知られてきたと思います。それでも、青森の魅力を存分にアピールするには、少々足りないと感じております。青森には『もっとたくさんの魅力あふれる場所』があります。


青森を代表する『ねぶた祭』や『弘前城の桜まつり』等の季節の行事はもちろんの事、マグロで有名な『大間町』や『深浦町』、その他にも、豊かな自然あふれる『八甲田や岩木山』等、皆さまがご存知かもしれない有名スポットは沢山ございます。しかしもっともっと旅行に来てもらうためには、皆さんのご要望にお応えすることが何より大事だと、その精神で活動しています。


今までのコンテンツよりも、さらにわかりやすく、より楽しく、より分かりやすくすることが目標です。地元の皆様にもご協力を仰ぎ、地域の活性化に繋げていきます。
こうした活動を通して、地域の情報発信をする仲間が増えることも期待しております。最終的に「青森に住んでみたいな」と、感じてくださる方が増えることを願っております。

 

しじみ直売店・小倉水産
新鮮なしじみを直で買うことができます。
お持ち帰りやお土産に最適な缶詰も!

 

Readyforの支援だけで受け取れる限定品をご用意!
青森の伝統工芸品『津軽塗のお箸』や生きのよいホタテ

飴野をツアーガイドにできる権利も!


クラウドファンディングの良いところは、皆さんと密に交流できるというところ。リターンをご購入いただきましたら、これまでより一層皆さんのリクエストにお応えして、行きたいこと、体験したい場所に行って参ります!!

 

また20,000円のご支援には、青森の津軽地方の伝統工芸品である『津軽塗』のお箸をリターンとしてお届けいたします。


津軽塗とは、漆を重ね塗りして研ぎだすことで、独特の模様を浮かび上がらせる伝統工芸の一つです。大きなものになると、テーブルや、菓子器、お皿などもあります。
津軽塗の特徴として、腐食に強く、大変長持ち致します。私も愛用しておりますが、滑らかな触り心地で大変丈夫です。

 

30,000円のご支援には生きのいいホタテを産地直送!ご自宅の食卓に、青森の彩を添えてみませんか?

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
津軽の伝統工芸品である『津軽塗』で作られたお箸です。
漆を重ね塗りして、研ぎだすことで、独特の模様が浮かび上がります。
耐久性に優れているため、長くご愛用していただくことができる逸品です。

 

青森のホタテ
青森の海の幸は、日本海、陸奥湾、太平洋、津軽海峡と、様々な場所で盛んな漁業に支えられております。
マグロや、ホタテ、イカ等は、青森を代表する海産物の一つです。