こんにちは!

AFRIKA meets 関西 実行委員会 事務局 早川 真です。

おかげさまで先週、支援総額が100,000円を超すことができました!

まだまだハードルは高いですが、引き続き頑張ります!

 

今日は応援メッセージが届きましたのでご紹介させていただきます。

 

サプールを世に広めた世界的カメラマンであるボドウェン・ムアンダさんからの応援メッセージです。

ボドウェンさんは、「AFRIKA meets KANSAI」 の精神に共感いただき、ご自身の撮影されたサプールファッションの写真を無償で提供頂いています。

 

AFRIKA meets KANSAI 2016でのトークショー中のボドウェンさん

 ”日本のみなさん、関西のみなさん、神戸のみなさん、お元気ですか?

昨年のAFRIKA meets KANSAI 2016では、「サプール精神と平和」を

テーマに私の写真展とトークショーをさせていただき有り難うござ

いました。実行委員長 センダ・ルクムエナさんはじめ、来場者皆様の

アフリカを知りたいという熱意を肌で感じる素晴らしい経験となりま

した。国籍も国境も超えたサプールのメッセージ「生まれた環境はみ

んな違う。でもどんな状況でも清潔な身だしなみ、エレガントな立ち

居振る舞いをもってすれば、争う気持ちなんてなくなってしまう」。

心豊かに生きるひとつの方法をお伝えするために、今後もサプールの

写真を撮り続けて行きたいと思います。AFRIKA meets KANSAI プロ

ジェクトで開発したソーラー電源供給車 兼 コンビニカーは、アフリ

カの子どもたちに新しい道を切り拓く“力”、つまり“学ぶこと”を得る

きっかけになると確信しています。より多くの皆様に AFRIKA meets 

KANSAI 2017フェスティバルを通してこのプロジェクトの重要性を知

っていただくことを支援者の一人として 心から願っています。”

 

今年は、ボドウェンさんの都合がつかず、会場へ来ていただくことは叶いませんでしたが、会場ホワイエ内にて、写真展を開催します。

 

AFRIKA meets KANSAI 2016 に提供いただいた写真①
AFRIKA meets KANSAI 2016 に提供いただいた写真②

ボドウェンさん自身もアフリカ出身であり、その中でキャリアを積まれ、サプールファッションを世に出すことでアフリカへの理解を広めています。

 

私たちも日本に住む皆様に、アフリカのことをより身近に感じていただき、私たちの「子どもたちに電気を贈る」活動を、よりご支援頂けるよう、頑張っていきます!

 

それでは、寒暖差の激しい日々が続いていますが、皆様体調にお気を付けて、連休をお過ごしください。

新着情報一覧へ