READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト

吉田晃子

吉田晃子

陸前高田市の空っぽの図書室を本でいっぱいにしようプロジェクト

支援総額

8,245,000

目標金額 2,000,000円

支援者
862人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
76お気に入り登録76人がお気に入りしています

76お気に入り登録76人がお気に入りしています
2012年04月16日 12:07

震災復興と図書館

ちょっと前の話になりますが3月2日に宮城県図書館で「震災復興と図書館」をテーマにシンポジウムが行われました。

 

その中で、被災地である東松島市の図書館からの報告がありました。

 

東松島市は市民協働のまちづくりによる都市宣言として

 

「だれもが本に親しむまち」を掲げた。また「子どもの心(脳)にバランスよく栄養を与えましょう!」

 

と、子どもの読書推進を進めていた矢先に震災が起きたそうです。

 

震災を経験して、必要とされていたことは、


1週間 生存
1カ月 体の空腹
2カ月 心の空腹

 

で、体の空腹と同時に、1カ月が過ぎたころから、心の空腹をどう満たしていくかを考える必要があったとのこと。

 

そのため、東松島市が行ったのが移動図書館活動でした。
 

 

 

お腹は満たされても、心に負った傷はすぐに癒えるものではありません。

 

 

その中で、いつでも立ち寄れる場所、必要な情報拠点としての役割を担う図書館があると改めて感じます。

 

 

今日も、本を用意してお待ちしております。

 

 

少しずつ本が増えてきております。

 

あとこのチャレンジも14日!2週間となりました。

 

 

2年、3年と図書室の扉を開けるために、ご支援をお願いいたします。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

*お礼状と報告書をお送りいたします。
*オリジナルロゴステッカーを一枚プレゼントいたします。

支援者
295人
在庫数
制限なし

10,000

上記に2点加えて、
*ご希望の本を一冊お名前入りで、蔵書として図書室に収めさせていただきます。
ご希望の本を応援コメントにお書き下さい。

支援者
496人
在庫数
制限なし

20,000

上記3点に加えて、
*岩手の伝統工芸品である南部裂織の栞を送らせていただきます。

支援者
85人
在庫数
制限なし

100,000

上記4点に加えて、
*図書室に展示される支援者様からのメッセージノートに、お名前とメッセージ、写真を掲載させていただきます。(お写真はご希望の方のみです)

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする