私たちの「東日本大震災子ども舞台芸術支援対策室」は4年前の大震災の直後に子どもの舞台芸術に係わる4団体で結成されました。後に2団体が追加加盟し、現在は6団体で活動しています。
 

 主な活動は、子どもたちの心のケアのために被災地にパフォーマーを派遣することともに、東京において3.11を風化させないための活動に取り組むことです。「3.11を忘れない」ための活動も今年で4回目になりました。毎年、被災地から劇団や、ダンスチーム、郷土芸能などを紹介してまいりましたが、これらに触れることは、被災地を理解し、愛着を持ち、一人一人の復興支援の活動につながると考えているからです。

 

 今年は、~花巻の高校生を招待し3.11を忘れないためのイベントを開催!~と銘打ち、クラウドファンディングに取り組んでいます。クラウドファンディングに取り組み、情報を拡散し、皆様にお伝えすることも、「3.11を忘れない」ための活動に大いに役立っていると思っています。

 

「3.11を忘れない」新宿・スペースゼロ公演(3月28日~29日)
是非とも皆様のご支援をよろしくお願いします。

東日本大震災子ども舞台芸術支援対策室
Tel/Fax:03-3349-4744

 


 

 


「東日本大震災子ども舞台芸術支援対策室」構成団体

 

日本児童・青少年演劇劇団協同組合(児演協)
日本青少年音楽芸能協会(青音協)
全国専門人形劇団協議会(全人協)
全国児童・青少年演劇協議会(全児演)
日本児童青少年演劇協会
アシテジ(国際児童青少年演劇協会)日本センター

 

 

支援対策室:清水
 

新着情報一覧へ