1月27日に目標額の30万を達成しました。ご寄付頂いた方は50名以上になりました。心より感謝申し上げます。

 

今回の挑戦の締め切りは2月9日。残りの日数でネクストゴールを目指すことにしました。

実は今回の挑戦に、たくさんの北九州の方々が力を貸してくれました。その方々は、当団体が震災後から大変お世話になっている「枝光本町商店街アイアンシアター」で出会った方々です。遠い仙台での取り組みにを、応援してくださったことにとても感謝しています。
アイアンシアターさんは震災直後、まだ仙台で公演をうてるような劇場が復旧していないときに、「うちを使いなよ!」と声をかけてくださったことで、交流が続いています。毎年9月には商店街を丸ごと劇場にした「まちなか芸術祭」を開催し、当団体も公演やワークショップを行ったり、夏には当団体主催で子どもの劇場体験合宿を行いました。
このような取り組みを通して、全国のアーティストのみなさんやアイアンシアターに集まる地元の方々との繋がりができ、今回のクラウドファンディングにも多くの方が力を貸してくれました。
そこで、ネクストゴールで集まった資金を元に、アイアンシアターでオイリーカートの学びを共有したり、新たな作品が生まれるような展開をしたいと思います。
アイアンシアター代表の鄭慶一さんにもご相談させて頂き、「ぜひ!」とのお答えを頂きました!
仙台から、全国へ、様々な障害を持つ方々があたりまえに舞台鑑賞できる社会を目指すための一歩です。どうぞ引き続きよろしくお願いします。
 

【具体的な活動について】
2017年秋に、枝光まちなか芸術祭で枝光を訪れることが決まっています。滞在中にオイリーカートの学びを共有するワークショップや、仙台で創作した作品の上演、地元のアーティストと協働での創作する、などを想定しています。
資金は仙台~福岡の飛行機代、滞在費に充てさせて頂きます。

 

(枝光まちなか芸術祭2016/すんぷちょパフォーマンス 上2枚写真:Kazuya Tashiro)

 

(枝光まちなか芸術祭2016/すんぷちょパフォーマンス 写真:Kazuya Tashiro)

 

(枝光まちなか芸術祭2014)

新着情報一覧へ