どうもえんぞうです。
プロジェクトもあと4日ですね!

 
中央広場の桜を切っています。早晩全て無くなる可能性があると思います。
見納めたい方、また看取りたい方は急いだ方がいいと思います。
 
今日はiPhone写真家を(便宜的に)名乗っている僕が、無人島に一本持って行っていいと言われたら持っていくiPhoneカメラアプリを紹介します。
 
え、Instagramでしょ?と言われそうですが、違います。
 
Hipstamaticといいます。

 
このアプリはiOSのみで使えます。そしてこのアプリは、撮影済みの写真を読み込んで加工することは出来ません。このアプリで撮影した写真がiPhoneに保存されるだけのシンプルなカメラアプリです。
今日は文中iPhone4SでHipstamatic撮影の写真をはさみつつ進めます。
つまり今日紹介する写真たちは、Hipstamaticで撮影した以外に一切加工をしていません。


 
Hipstamaticは短いながら多くの変遷を遂げたiPhone写真の歴史の中で、ただ独り我が道を歩き続けている稀なアプリです。その為登場以来多くのファンを獲得し、未だに愛用者が多いカメラアプリです。機関紙も発行していて、名だたる企業がスポンサードしています。この点、史上最強に成功しているiPhoneカメラアプリだろうと思います。これだけ人気があるのにiOSだけで楽しめるのも頑固で好きです。


 
僕の写真はiPhoneで撮影してiPhoneでかなり脚色したiPhoneographyと呼ばれる分野に属します。自分自身写真集と言っていますが、果たしてこれが写真なのかどうなのかは怪しいです。やっぱりiPhoneographyという呼び名があるのなら、それが相応しいかな、と思います。一方残念なことにiPhoneography唯一のグローバルなSNSだったiPhoneographersnetが先週閉鎖されました。一つの時代の終焉を思います。

 
さて、Hipstamaticを何故推すかと言えば、それが凄くカメラっぽいからです。
アプリ内で、レンズとフィルム等を選んで組み合わせて写真を撮ることができます。
ファインダーからは実像が見えますが、仕上がりは保存されるまで分かりません。撮影した瞬間にプレビューされるような機能を持っていないのです。

 
Hipstamaticはアプリ内にstoreがあり、追加でレンズやフィルムやボディ等を買い足す事ができます。これも実に本当のカメラっぽくて小憎い演出です。限定商品もあって、商売も上手です(笑)


 
iPhoneカメラは必然的にデジタルカメラになるので、いくらレンジが狭いからと言っても、肉眼では確認できないものまでデータとして保有しています。だから暗い写真でも補正してあげれば、見えなかったものを見えるようにすることができます。


 
一方、Hipstamaticの場合は目に見えないデータは敢えてバッサリ捨てています。暗く写った写真を補正しても、多少マシになる程度で基本的には撮り直しです。撮り直したからと言ってうまく撮れるか保障されないところも本当にカメラっぽくて面白い。
この見えないデータをバッサリ落とすところは、フィルムカメラに良く似ています。アナログ写真もネガをスキャンして暗部補正をしようとしても、データを持っていないので描画してくれないのです。


 
嘗てアナログ写真は現像するまで結果が分かりませんでした。補正といっても出来る事はデジタルと比較して非常に少なく、その意味でアナログ写真とは一発勝負、真剣勝負だったと言えます。


 
仕上がりの風合い含めて最も本来のカメラらしいHipstamaticというアプリケーションは、皮肉にも淘汰が済んだアナログカメラやアナログ写真の楽しみを後世に遺してくれる稀有な存在だと思います。


 
では今日はこの辺で。
新着情報一覧へ