プロジェクト概要

 アセアン諸国の留学生と日本人が交流する

一大イベントを成功させたい 

 

はじめまして、在日アセアン青年ネットワーク事務局長、ミャンマー出身のメイ・ヤモンカインです。

 

今回、アセアン諸国の留学生と日本人が交流する一大イベント「アセアンカルチャーフェスティバル2019」の運営費を集めるために、クラウドファンディングに挑戦することにしました。

 

アセアン諸国と日本の皆さんとの友好を深めるこのフェスティバルのために、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

日本はアジア留学生にとって

世界に羽ばたくためのハブ


現在日本に留学している留学生は、298,980人と言われています(※)。平成14年が95,550人でしたので、この14年間で留学生の総数は3倍以上になっています。日本の専門学校以上の就学人数が260万人といわれていますので、10人に1人は留学生ということになります。アジア諸国出身の留学生数は約20万人。日本は、アジアの学生にとって世界に羽ばたくためのハブとなっています。

※平成31年1月現在、JASSO資料より

 

 

 

<私達が日本に留学した理由>

 


私は、中学生の時にミャンマーで起きた反政府デモをきっかけに、国民を大事にする政治家になりたいという夢を見つけました。助けを求める人々の力になりたい、自分の国の現状を外に伝え、外から自分の国を支えられる人になりたいと思い、当時ミャンマーにたくさん支援をしてくれていた日本に留学を決意しました。(メイさん)

 

私が日本で勉強することを選んだのは、日本が化学・生化学研究の最前線にある国の1つだからです。以前から化学・生化研究には興味があり、日本で勉強することは私の夢のひとつでした。加えて、日本の教授との良い関係を築き、日本で得た知識経験をフィリピンに持ち帰り、フィリピンと日本の関係をより強めていきたいと、私は思っています。(イアさん)

 


私が日本への留学を選んだ理由は、私の故郷のジャカルタと異なる文化を経験し、世界に通用する教育を受けたいからです。また、日本の現代的な面、伝統的な面を、それぞれ体験できることも期待しました。私は旅行が好きなので、日本のあらゆる県を訪問することが夢です!私が日本の安全な環境で勉学に励んでいることを、私の両親は安心して見守ってくれています。(ニコラスさん)

 

日本は、国際的な教育基準においてとても興味深い位置にあると考えています。アジアの地域の教育機関としても、非常に良い評判を得ています。また、私はクールジャパンの文化に、とても関心があります。勉強することだけでなく特別な経験ができると思い、日本への留学を決めました。(エリさん)

 

 

 

10カ国の学生が活動する

在日アセアン青年ネットワーク

 

アセアンフェスティバルは、在日アセアン青年ネットワーク(ASEAN Youth Network in Japan)が運営しているフェスティバルです。

 

在日アセアン青年ネットワークは2006年4月30日に設立されました。私達のような在日アセアン留学生が中心となり、留学生同士や、日本人との交流の場をつくり、文化交流および親睦を深める活動をおこなっています。やがては国家間の平和、協調的な関係を築くことを目的としています。
 

ネットワークは10か国の在日学生団体で構成されています


年間の活動

・アセアン スポーツフェスティバル(1月)

・アセアン ジョブフェア(2, 3月)

・アセアン アカデミックフォーラム(9月)

・アセアン カルチャーフェスティバル(10月)

 

・文化・スポーツ プラットフォーム

・キャリア・起業家 プラットフォーム

・アカデミック プラットフォーム

 

 

後援(順不同):

在日ミャンマー大使館/在日ベトナム大使館/在日マレーシア大使館/在日インドネシア共和国大使館/在日カンボジア王国大使館/在日フィリピン共和国大使館/在日カンボジア王国大使館/在日ラオス人民民主共和国大使館/在京タイ王国大使館/国際機関 アセアンセンター 

 

 

アセアンカルチャーフェスティバル2019


アセアンカルチャーフェスティバルは2006年から続くイベントで、各国からの留学生が文化や観光を紹介しあい、交流するイベントです。毎年1,000人以上のアセアン出身の留学生と日本の学生に加え、約200人の留学生スタッフがイベントに参加します。

 

今年もたくさんの企画を準備しています。アセアン諸国について一度にたくさん知る絶好の機会ですので、アセアン諸国に興味をおもちの日本人、日本に滞在しているアセアン出身国の方々にぜひ参加してほしいと思っています。

 

開催費用は、これまで補助金等でまかなってきましたが、いつまで続くかは分からない状態です。また私たち実行委員のメンバーは、ボランティアとして関わっている状況です。今後も継続的にこのフェスティバルを開催するために、もっとたくさん方にこの活動を知っていただき、活動費を一部でもご支援いただけたら嬉しいです。


 

 

 

 

アセアンカルチャーフェスティバル2019では、アセアン諸国、そして日本、双方の学生から伝統文化が披露され、各国の料理や民族衣装などが楽しめる他、ゲームなどを通じて交流・理解を深める企画を準備しています。

 

開催日時:2019年10月27日(日) 11:30〜18:00

開催場所:六本木ヒルズ ハリウッドプラザ5階

 

<ステージ>

1)アセアン諸国及び日本の伝統踊り、歌の披露

2)アセアン諸国および日本の民族衣装ファッションショー

3)各国の紹介、大使館のスピーチ

 

<ブース>

1)料理の販売

2)民芸品や民族衣装の展示・記念品の販売

3)記念写真撮影コーナー

4)スポンサーのブース

 

<特別企画(予定)>

1)ASEAN諸国に関するクイズ等ゲーム

2) スタンプラリー実施

3)『AECをもっと知ろう』コーナー

4)祝ASEAN共同体創設公演(ダンスor演奏)

 

 

※皆様からのご支援は、会場利用料、装飾物購入費、ステージ設営業者委託費、ボランティア弁当代・交通費の一部として活用させていただきます。

 

 

交流を深めるはじめの一歩
もっとたくさんの日本人に参加してもらいたい

 

過去13年間のアセアンフェスティバルは、来場者の約9割がアセアン諸国の出身者です。

 

しかし私達はこのフェスティバルを、アセアンの留学生と日本の皆さんの交流の場にしたいと考えています。私達が披露する様々な文化や伝統を知り、アセアン諸国に興味をもっていただきたいです。そのために今年は、もっと日本人の来場者を増やし、日本とアセアン諸国の相互理解を深めたいと思っています。

 

身の回りの日本人学生ひとりひとりに声をかけることはもちろんですが、よりたくさんの方にフェスティバルを知っていただくために、今回クラウドファンディングに挑戦することにしました。日本とアセアンの交流を深めるイベントとして、ぜひこのフェスティバルを成功させたいです!


ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

メンバー紹介

 

名前:メイ ヤモンカイン
出身:ミャンマー
大学:中央大学 法学部 在日アセアン青年ネットワーク事務局長

 

日本に来てから東南アジアの友達たちと会うと、東南アジア諸国の文化はいずれもとても近いと感じます。食文化や家族構成など自分の事情を説明すると、いつも一番早く理解してもらえるのは東南アジアの友だちでした。イベントではアセアン学生たちが家族のような感覚で力を合わせ、"ASEAN"とはどういうものかを世界に伝えたいと思います。

 

名前:イア クリスティナ

出身:フィリピン

大学:国立東京農工大学 国際環境農学専攻 

アセアンカルチャーフェスティバル2019実行委員

 

アセアン各国の食べ物を試食するだけでなく、異なるアセアン各国のからいろいろな文化的なパフォーマンスを見ることに、私は興味があります!

 

 

名前:ニコラス ナルマダ

出身:インドネシア

大学:早稲田大学政治経済

アセアンカルチャーフェスティバル2019実行委員

 

アセアンについて好きなことが沢山ありますが、アセアン諸国の伝統食を味見することは、アセアン フェスティバルのチェックリストの最初です!アセアン出身の留学生、青年の多くの人々に会いたいと思っています。

 

 

名前:エリ ガードン

出身国:フィリピン

大学:慶応大学大学院 メディアデザイン

アセアンカルチャーフェスティバル2019実行委員

 

私は、食文化にとても興味があり、アセアンフェスティバルでは、たくさんのアセアン諸国の食べ物が揃うことを楽しみにしております。1つのイベントで、すべてを楽しめることは、とてもクールだと私は思います。アセアンフェスティバルは、アセアン諸国と日本の学生の共同のイベントだということが特徴で、私もイベント当日を非常に楽しみにしています。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)