こんにちは。

亜細亜大学硬式庭球部3年の志賀隼です。

 

昨日(3/17)に亜細亜国際オープンテニス大会の男女全日程を無事終了することができました。

本年の大会では、制度の変更に伴い選手層の変化や外国人選手の多さに戸惑いもありつつ、国際色の強い大会になりました。

女子大会では20ヶ国もの国々から選手たちが来て下さり、熱い戦いを日の出グラウンドで繰り広げてくれました!

試合に出場させて頂いた学生も、出場できなかった学生も本当に学ぶことの多い大会になりました。この経験を活かし来年の国際大会に向けて、また1人の人間として更に成長して行ければ幸いです。

 

このような素晴らしい機会を与えてくださった皆様に心から感謝致します。

学生の挑戦の場でもあり、勉強の機会でもあるこの大会が日本のテニス界を支えて行けると信じながら1歩ずつ2020大会に向けて進み出して行きます。

 

皆様本当にこのような素晴らしい機会を与えて下さり、ありがとうございます。

今後とも、亜細亜大学および硬式テニス部を宜しくお願い致します。

 

 

 

新着情報一覧へ