READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

仕事と生きがい、どちらも捨てない生き方を考える活動を広めたい

野澤 恵美

野澤 恵美

仕事と生きがい、どちらも捨てない生き方を考える活動を広めたい
支援総額
262,000

目標 500,000円

支援者
38人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年07月24日 15:17

達成後のプロジェクトについて

「今回のクラウドファンディングの目標金額:50万円って、何に使うの?」

「その後の計画はどうなっているの?」

 

というお声を頂いて、少しでもチームの想いを共有できればと『達成後のアシュラワーク』の活動について、書かせていただきます。(少し長文を失礼します。)

今回のチャレンジは、チームとして準備万端に計画を立てて挑戦しているというよりも、「こんな社会であったら良いのに!!」という想いを、留まらせずにチャレンジの一歩を踏み出すことを重視しているチャレンジです。


そして、その課題に取り組むのは、「私たちチームの責任で取り組む」というよりも、同じ想いを持っている人たちと「一緒に取り組む」ために、クラウドファンディングという仕組みを活用しています。
(もちろん、支援頂いたお金については、「責任を持って」以下のように活用させていただきます。)
 

改めまして。こんな未来へ向けて走ろうしています

個人の能力や役割を発掘・見える化するシート「アシュラカード」をワークショップにてブラッシュアップ→公開→『誰もが活用できる』ようにしていきます。

※アシュラカードってなに?
https://readyfor.jp/projects/asura/announcements/11877
それまでの活動費及びウェブページの作りこみへの費用として活用させていただきます。(活動の人件費として、私たち個人がこのお金を頂くことはありません。)

 

50万円の支援金について

 

アシュラカードを『誰もが活用できる』ようにすることにより、個人で活用、またはワークショップの素材として使ってもらい、自分の能力や資源を発掘することで、「アレもコレもジブン」と自分を肯定できて、元気な大人が増えたらいいなと思っています。

 


また、アシュラカードが将来的に「新しい履歴書」のような活用がされたらという野望も。。。
そして、作成されたアシュラカードにより、お互いの能力を活かし合うチーム作りに繋げていく取組みも考えています。
(将来への取組みは、今のチームメンバーが中心になりながら、今回応援してくださる方や賛同者と一緒に作り上げていくイメージです。)

 

クラウドファンディング達成の場合、普及啓発を目的としたイベントを開催


「ありたい社会を誰が創るか?」という時に、誰か優秀なリーダーが頑張って創り上げるというよりも、「一人ひとりの一歩で創り上げていく」という活動へのチャレンジをアシュラワークでしていきたいと考えています。

(その第一歩のクラウドファンディングです。)

 

 

長々と書いてしまいましたが、頂いたご支援は社会へ繋げるバトンとして確実に渡していきますので、ゼヒ達成に向けてご支援のほど、よろしくお願い致します。
 

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスメール
・アシュラステッカー
・FACEBOOKグループへ招待
(共にプロジェクトを育てていくためのコミュニティです。)

支援者
24人
在庫数
制限なし

10,000

3000円の引換券に加え、
・活動報告をメールで随時お送りします
・交流会イベント参加券:8月30日(土)
※参加者多数の場合は追加で日程を設定します。場所は都内。
※「現地に来れない方にはアシュラワークシートプレゼントと当日のレポートをお送りします。

支援者
13人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円の引換券に加え、
・コーチング体験セッション1回分(60分)
※対面スカイプ可能/詳細については別途相談

支援者
0人
在庫数
20

50,000

30,000円の引換券に加え
・アシュラ名刺作成グループワークショップ参加券
※支援いただいた方全員で行います。
※日程と場所については参加者が決まり次第調整を行います。

支援者
1人
在庫数
9

プロジェクトの相談をする