今日は、選曲とストーリーの詳細について考えていきました。

表現したい内容をどうやって物語に反映させていくか、

重すぎたり固すぎたりしない「絵本」のような物語にするためにはどうしたらいいかを考えていきました。

 

第1場から第4場まであるこの作品ですが、各場面は全く違う雰囲気。

それぞれに適した音楽を、たくさんのクラシック音楽の中から選んでいき、

同時に場面を考えていく作業は大変ですが、とてもやりがいがあります。

 

 

 

新着情報一覧へ