今日は、構成とあらすじをご紹介します。

 

私たちが作る作品は、第1場から第4場の4つのシーンで構成されおり、こども向けの絵本のような優しい雰囲気の中で、主人公の心の変化を表現していきます。

 

第1場は現在のシーンで、心を閉ざした主人公と周囲の人々との関わり、そして青い鳥を擬人化した少女に導かれて時間の旅に出るまでを描きます。

第2場では、収穫祭をイメージした舞台づくりを行い、衣装も民族衣装を参考にしています。主人公は、迎えてくれたたくさんの人の温かさに触れ、人と関わることの素晴らしさを感じます。

第3場は、一転して真っ白な未来の世界。ここで主人公は一人の男性と出会い、愛する気持ちを知っていきます。

第4場は、再び現在のシーン。すべてが夢だったことに気付く主人公ですが、夢の中の素敵な出会いによって主人公の心には変化があり、少しずつ周囲との関わりが変わっていきます。

 

初めてバレエを観る方にも観ていただきやすいよう、少し短く 約1時間の作品となる予定です。

後半は、普段あまり見ることのできない制作の様子を、映像などを通してご覧いただきます。

 

 

 

新着情報一覧へ