写真から絵画へ

【残り24時間】

 

もっと貧しい人々と寄り添う形で何かできないか。

何か一緒になってできることはないか。

 

そして、考えだされたのがデザインを考えるということでした。

 

 

まずは、できることから。

読み書きができない人ができることは何か?

 


これまで物乞いでしか稼ぐことをしてこなかった人にできること。

誰でもできることから始めます。

 

 

彼らの生活を自分自身で振り返ってもらい、私たちに伝える。

 

これならできるでしょう。

繰り返し、繰り返し、自分自身の価値観について再考する。

 

それは一方でデザインの原案となり、

 

もう一方で、
人生を豊かにするためのアイディアの原案となるでしょう。

 

Tシャツ・プロジェクトは、
人の人生を評価し新たな一歩を踏み出すためのユニークな方法の一つであると考えます。


みなさん、

お力添えをお願い致します。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています