自然有機栽培での「フクシマハウス農法」の支援を考えております。フクシマの原発事故は科学や文明が引き起こした悲劇です。「自然有機栽培」でやることの意味は大きいと思っています。
 自然でないことを選択すれば、お金は入りますが、それだけの代償を差し出さなければなりません。「自然有機農業」を通して、自然への回帰という視点から、現在社会が抱えている矛盾について考えるきっかけを提供できると考えます。
 フクシマ農法もケミカルを使用しない「有機農法」として、「JAS有機農作物」の認証を目標とすることが必須です。(やぶ田フアーム 藪田秀行)
 

新着情報一覧へ