皆様、ご機嫌いかがですか?白楽たまきです。世界卓球男子シングルス、つい先程、丹羽選手がドイツのオフチャロフ選手をフルセットの末下し、ベスト8進出を決めましたね!勝利の瞬間、思わず歓喜の雄叫びをあげてしまいました。ご近所の皆さん、すみません!(;・∀・)

 

今回も『完治しない躁うつ病に苦しむ人達を患者間の体験共有で救いたい!』の新着情報をご覧下さり、誠にありがとうございます。今回は、このプロジェクトに懸ける私の想いを、改めてお話ししたいと思います。

 

双極性障害を持っていても、病気との上手な付き合い方を自らの力で見つけたり、あるいは環境や才能に恵まれたりすることで、人生を翻弄されずに生きていける人はごくわずかです。私を含めた「ごく普通」の当事者の多くは、今も症状に苦しみ、様々な社会的困難に人生を翻弄され、未来に希望を持てずに生きています。私が使っているSNSのタイムラインは、当事者の悲痛な叫びでいつも溢れています。OD(オーバードース、過剰服薬)やリストカットをほのめかす投稿や、実行に移したという投稿を見かけることも珍しくありません。

 

近年、うつ病に続き、発達障害や自閉症に関する記事を掲載するメディアが増え、世間からの注目度や支援の幅も広がっているように思います。しかし、双極性障害はそれらの障害とは対照的なポジションにいると感じています。うつ病より更に厄介で、人一人の人生をボロボロにするだけでなく、時には周囲の人間さえも不幸に陥れる破壊力を持った病気でありながら、他の病気に比べて症状や辛さが傍から見て分かりづらく、障害の程度が実際よりも軽めに認識されていることなどが、福祉制度や支援の手からの孤立を招いているような気がします。

 

そんな現状を当事者自らの手で打破すべく、このようなアイディアを考え、クラウドファンディングに挑戦しています。このナレッジベースの存在が、双極性障害の当事者やその支援者の方たちの希望となり、一人でも多くの当事者が自殺することなく、未来に希望を抱きながら、毎日を生き生きと過ごし、自分にとっての幸せな人生を歩めるようになってくれたなら、これほど嬉しいことはありません。

 

今回の新着情報は以上です。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。新着情報の更新はまだまだ続きますので、是非次回もお楽しみに。プロジェクトに興味を持って頂けたら、お持ちのSNSやブログでの紹介、リターンの購入などでご支援頂けますと幸いです。ご意見やご質問、ご感想などのメッセージも、ログイン後、ページ右下の「メッセージを送る」からお気軽にお寄せください。どうぞよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ