READYFOR?『子どもだけに見える世界”チャイルドビジョン”のうたを届けたい』プロジェクトにご支援をいただいた皆さんへ

 

こんにちは。NPO法人CAPセンター・JAPAN事務局の重松です。

おかげさまで、12月19日にはご支援をいただいた皆さんへの引換券の発送を終えました。関わってくださった皆さんへの発送も昨日完了したところです。

 

 

READYFOR?が8月4日に成立・終了してからも、たくさんの方から「待ち遠しい」

「完成を思うとワクワクします」といった反響をいただき、プロジェクトを始めたときにはわかっていなかったプレッシャーを感じながら、作業を進めてきました。作業はすべて初めてづくしで、たくさんの方に力を貸して頂きました。これまで全く関わりのなかった分野の方々との協働は、これからの展開に新たなアイディアをいただきました。関わってくださった皆さんに、改めてこの場をお借りして感謝をお伝えしたいと思います。ありがとうございました。

 

子どもの視点にたつと、驚くほど、いろんなものが見えてきます。

 幼かった私と繋がる。
 そして目の前の子どもと繋がる。
 幸せいっぱい広がるといいな。」と試聴した感想も寄せていただいています。

また、CAP版チャイルドビジョン(子どもだけに見える世界模擬体験メガネ)についても、

「”チャイルドビジョン”、作らせて頂き、職場のみんなで、体験させて頂きました!!色々な”気づき”が得られました。ありがとうございました!!」

との感想を寄せていただき、知らなかったことを「知る」ということが、「気づき」を生み、人との関係も変えていくのだなあと教えていただきました。

 

プロジェクトによって、これまで繋がってきた方と繋がりを深め、さらに新しい方々とも繋がることができました。”子どもの視点に立つ”ということは、実はおとな同士をつなぐものだということを改めて感じています。

 

プロジェクトは始める前は、正直言って「応援してもらえるだろうか」と不安でいっぱいでした。達成するまでもハラハラドキドキで、なんとか達成して、一緒に喜んでくださる方々がいて。ひとりじゃないと感じられることがどんなに勇気づけられることかも改めて感じています。今回のチャレンジで得られたことは有形無形にそして無数にあります。本当にチャレンジして良かったと思っています。

 

本プロジェクトの情報更新は、本記事をもって終了とさせていただきます。来年1月からはこのプロジェクトで制作したCDをたくさんのおとなに届ける活動を進めていきます。”子どもの視点に立つ”ことを意識してもらうための活動です。

これからの活動報告については引き続きHPにアップしていきますので見守っていただけると嬉しいです。

 

ご支援いただき、応援してくださって、本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

子どもの視点を意識し続けていただくことをお願いいたします。

=====================================

なお、引換券の発送は、12月19日をもってすべて発送させていただきました。万が一お手元に届いていない方がいらっしゃいましたら、大変お手数ですが、以下までご連絡をお願いいたします。

 

なお、CAPセンター・JAPANの事務所は12月27日~1月4日までお休みをいただきます。その間にいただいたご連絡に関しましては、1月5日以降の対応となりますことをご了承ください。

                        CAPセンター・JAPAN事務局

                            TEL:0798-57-4121

                           E-mail:info@cap-j.net

=====================================

 

新着情報一覧へ