ゴールデンウィークが終わりまして、当プロジェクト事業の終了から既に1ヶ月が経ちました。

現状報告しますと、予算をオーバーした修繕になりまして、当プロジェクトで集まった資金だけでは作業は完了出来ませんでした。

この1年でそのオーバーした額を、運営収益からお返ししてまいります。

 

もっと皆様に、クラウドファンディングの在り方と鉄道保存の在り方の両面を、現実のものとしてご理解いただきたく、この1年はクハ489-501へと戻りゆく過程で、様々な姿を再現することで、アピールしてまいります。

 

その1回目として5月7日に、これまで昭和39年デビュー当時のクハ481の再現をさせていただいていました前面を塗装変更し、昭和40年から45年までの姿に変更しました。

この週末からは、山陽九州、上越の、各新幹線が出来る前の先駆者だった、向日町運転所最盛期のボンネットスタイルでおもてなし致します。