みなさま、こんばんは。60日間のこのプロジェクトも後半戦に突入しております。

 

今回は、このプロジェクトと直接の関係はないのですが、「本と人」という共通点がありますので、書く事にしました。

 

「読書メーター」というインターネットのサイトをご存知でしょうか。ウェブ上で読書履歴を管理できるサービスで、現在40万人以上の登録数があるとのことです。

http://book.akahoshitakuya.com/

(*ちなみに「ブクログ」というサイトが双璧をなしているそうですが、ここでは触れません)

 

基本的には、自分が読み終わった本や、読書中の本、買ったけど未だ読んでいない本を登録して、感想を書き込み、一日平均何ページ読んでいるのか、月に何冊読んでいるのか、をデータ管理したり、二重買いを防ぐのに使ったりします。

ただ、それにとどまらず、いろいろとSNS的な機能を備えているのが「読書メーター」の特色です。

例えば、自分が読み終わった本について、同じ本を読んだ人の感想が読めます。そして、良いと思った感想には「ナイス」という星印を付けることができます。この人とは話が合いそうだなぁ、という利用者を発見した場合は「お気に入り登録」といって、知り合いになることもできます。

さらに、ツイッター的な「みんなのつぶやき」コーナーがあったり、「お気に入り」さんたちが実際に集まるオフ会を行っていたり、幅広いアクションが可能です。

 

私は「大阪オフ会」に数度参加してきました。ただ、50人規模の大きな集まりに成長しているので、とても全員とお話することはかないません。

そこで、大阪オフから派生する形で、神戸元町オフ会を共同で立ち上げ、昨日7月27日(日)に第二回を開催しました。12名の参加です。

 

(当日のオススメ本、集合写真)

 

カフェの2回席を貸切で予約しておいて、まずは自己紹介。次いで、各自持ち寄ったオススメ本の紹介。歓談の後、ランチをはさんで、後半は古本屋を中心に元町を街歩き。街歩きは2班に分かれて行い、再集合した後、別のカフェで再び歓談し、解散、という流れです。

 

参加者は、第一回に引き続きの方と、初参加組みが半々。地域も神戸人と大阪・京都人と半々くらいで、とても良いバランスに、結果的になりました。

 

オフ会の一番良いところは、普段読む本の傾向が全く違っていても、あるいは、とある本への賛否が真逆でも、「本が好き」の一点で話題を共有できるところです。持ち寄ったオススメ本の貸し借りも茶飯事なので、新しいジャンルに挑戦するハードルも低くなります。

 

長々述べてきましたが、要するに、「本にできること」はまだまだいくらでもある!ということです。

私のプロジェクトが成功した暁には、「本にできること」をどんどん追求していきたいです。

というわけで、みなさま今後も引き続きよろしくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ