READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

路上生活をするブラジルの子ども達が使うサッカー場を建設します

三浦茂晴

三浦茂晴

路上生活をするブラジルの子ども達が使うサッカー場を建設します
支援総額
1,415,000

目標 1,250,000円

支援者
181人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2014年05月28日 22:09

【現地レポート】リオの日常

2014年5月28日 現地レポート 「リオの日常~W杯前の静けさ~」

 

簡単ではありますが、これから、定期的に現地レポートをみなさんにお届けします!

現場のひとときなど、是非お楽しみに!

紹介してくれるのは、レオナルド・コスタさん(Leonardo Costa )

ポルトガル語がなかなかわからない!という相談を持ちかけたところ(英語もですが:笑)

ごめんなさいと申し出たところ、英語でご承諾。語学が堪能でいらっしゃる、広報から、記録を担当するサンマルチーニョ慈善協会の若手スタッフです!

 

(左:青いシャツの方がレオナルド・コスタさん)

現地時間 5月28日
工事が開始されました(寄付金は集まり次第・・・現地にお届けする手はずです)。

現地の業者が少数精鋭でがんばってくれてます。

まだ完成してないのですが、工事が中断している時には、子どもたちがさっそく裸足でサッカーしていました。

サッカー場が作られることをわくわくしています。

サンマルチーニョでは、ワールドカップ中は、イベントを行います!

日本戦は全員で観戦する予定です!

日本の試合は、残念ですが、北部で2試合、マットグロッソ州で1試合行われますので、リオデジャネイロではありません。

もし1位通過すれば・・・!!と期待しています。

話は変わりますが、日系協会では、日本対コートジボワール戦に合わせて、試合前に盆踊りなどを行い、盛り上げるそうです。

 

6月27日までにサッカー場を完成させる予定。

サッカー場のお披露目サッカー大会をしたい!

デモなども行われているのはご存じかもしれませんが、市民は、W杯を楽しみにしている反面、終わった後にブラジル社会にどんな名産を残すかという課題も念頭に置いて様子を見ている人も少なくありません。

ワールドカップ前ですが、とても落ち着いた様子。

街の人は、始まったらそれこそ盛り上がるが、それまでは静かなものよという感じ。

次第に黄色と緑のブラジル国旗色が店頭商品や街の飾りとして見えてきました。

 

自分たちにできること、子どもたちにできることを少しずつ実行していきます。

一覧に戻る

リターン

3,000

■サンクスレター
■ピースボートプロジェクト冊子
■オリジナル世界地図

支援者
129人
在庫数
制限なし

10,000

<3,000円>の引換券に加えて

■ブラジルの子どもたちより写真付きサンクスレター
■サッカー場前に設置する看板にお名前掲載
■ピースボート勉強会参加券10枚
(1枚に付き何名様でも可)
※東京都新宿区高田馬場で行うイベントになります。遠方の方は予めご了承ください。譲渡も可です。イベント情報はこちら
http://www.peaceboat.org/event

支援者
42人
在庫数
制限なし

20,000

<10,000円>の引換券に加えて

■ピースボールオリジナルゲームシャツ
(非売品・ブラジルキャンペーン限定商品)
※ご希望はお伺いしますが、色サイズに限りあります。順番にご相談させてくだ
さい。

支援者
8人
在庫数
13

30,000

【好評につき限定個数を増加致しました!】
<20,000円>の引換券に加えて

■子どもたちからの寄せ書きされたサッカーボール

支援者
4人
在庫数
3

50,000

【好評につき限定個数を増加致しました!】
<20,000円>の引換券に加えて

■子どもたちからのメッセージビデオDVD

支援者
2人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする