皆さんこんにちは。

Bridge for Children,KGU 3年生の太田佳乃です。

この度は、私たちの活動にご理解ご支援を賜りましたこと心より感謝申し上げます。

 

私がBFCに入ったのは1年生の秋でした。国際協力について浅はかな知識しかない当初の私は、”途上国の子どもたちのために何かしたい”その一心でした。

 

”途上国=貧しい”という概念で初めて足を踏み入れたアジアの国。それは大学へ入って間もない夏休みのことで、私が国際協力に関心を持ったきっかけでした。その国へ訪れた時の第一印象は、”貧しい人と裕福な人の差が激しい社会”でした。同じ国であるのに、なんでこんなにも目に見えた格差があるのだろう、、、と。しかしながら、私はそのような中で豊かさをも感じました。それは、技術の発展や生活水準の高さとは違ったもので、私たちが普段当たり前だと感じることに喜びや笑顔を向けていたことです。心の豊かさでは日本より勝っているものを感じました。”途上国=貧しい”だけではない。そう感じた経験でした。

 

そんなことがきっかけで、帰国後BFCと出会い、その後様々な経験を経て今に至ります。

 

私たちBFCの支援の形は、国内からできる海外への支援です。途上国の問題に対し、今何に困っているのか、何を求めているのか、私たちは何をすべきなのか。実際に途上国経験のあるメンバーが多いからこそ、”考える”ことを大切にしています。時には悩み壁にぶち当たることもありますが、私たちを支援してくださる皆様方の存在を励みに、未来を担う子供たちのために今後も、一歩一歩進んでいきたいと思います。

 

最後になりますが、

今回は私どものクラウドファンディングへ支援してくださり誠にありがとうございました。重ね重ね御礼申し上げます。

 

 

 

 

新着情報一覧へ