READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

こどもたちが自由にお話を作る「ぶんぶんの時間」を開催したい

おおたに みねこ(大谷峯子)

おおたに みねこ(大谷峯子)

こどもたちが自由にお話を作る「ぶんぶんの時間」を開催したい
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

249,000

目標金額 1,200,000円

支援者
20人
募集終了日
2015年9月18日
募集は終了しました
2お気に入り登録
2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録
2人がお気に入りしています
2015年08月19日 18:27

続きを読みたい!!!大人たち

「ぶんぶんの時間」を始める前は、正直言って、こどもたちがおはなしを書く時間をたのしんでくれればいいな、という程度の思いでした。


しかし、できたおはなしを読んで、こんなにおもしろいとは!と気持ちをあらたにしました。


こどもがつくったおはなしを読んで、自分が泣いたり、感動して茫然としたり、ということが起こるとは、思ってもみなかったのです。


こどもって、すごいな。
ずっと、そう思わされてきました。

 

それは、私以外の大人も、そうだということが、またおもしろいのです。

 

あるイベントで、こどもたちのつくったおはなしを展示して、そのわきに感想ノートを置いて、コメントを書いてもらいました。
そのとき展示したなかに、ある女の子が書いてくれたこんなおはなしがありました。

 

わたしは王女だった。下男と恋に落ち、乗った船が難破、やっとの思いである場所にたどりついた。国に戻り、ふたりは結婚を許された。しかし、突然、母に見捨てられ、あの場所へと戻っていく。

けれど、雪山で出会ったのは、悪魔のような娘だった…。つづく

 

このおはなしに、「続きが読みたい!!!」と、大人たちの正直な!感想がいくつも書かれていました。

 

この、読みたくてたまらない気持ちはなんでしょう?


こどもが書いた、たわいないおはなしにすぎないのに?

 

こういうことも、「ぶんぶんの時間」のおもしろさです。

 

 

(写真は、みんなが書いたおはなしのタイトル)

 

 

 

♪応援メッセージ 3♬ 「小さな文士たち」 堀川治人さんから♪応援メッセージ 4♬ 「未来の大人へ」山中みかさん より
一覧に戻る

リターン

3,000

●サンクスカード 
*[ぶんぶんの時間]のポストカードに、作家のおおたにみねこさんが御礼の言葉を書いて、お届けします。

支援者
12人
在庫数
17

10,000

【NEWアイテム!9月9日追加!】

●サンクスカード 

●ぶんぶんセレクション5つのおはなし
5つのおはなしを収録した絵本

●こどもの書いたおはなしポストカード
*ワークショップ1回目と4回目終了後に、届きます。(合計2回) 

支援者
6人
在庫数
34

30,000

【NEWアイテム!9月9日追加!】

●サンクスカード

●ぶんぶんセレクション5つのおはなし
5つのおはなしを収録した絵本

●こどもの書いたおはなしポストカード
*ワークショップ1回目と4回目終了後に、届きます。(合計2回) 

●こどもが書いた絵本シリーズ「カコポン」の中から、1冊を作家がセレクトし、[こどもの書いたおはなしレター]の4回目に同封します。

●おおたにみねこの教えないメソッド
ぶんぶんの時間ならではの、おはなしの作り方がわかります。

支援者
0人
在庫数
15

50,000

【NEWアイテム!9月9日追加!】

●サンクスカード

●ぶんぶんセレクション5つのおはなし
5つのおはなしを収録した絵本

●こどもの書いたおはなしポストカード
*ワークショップ1終了後に、毎回届きます。(合計4回) 
 
●こどもが書いた絵本シリーズ「カコポン」の中から、4冊を作家がセレクトし、毎回、[こどもの書いたおはなしレター]に同封します。

●おおたにみねこの教えないメソッド
ぶんぶんの時間ならではの、おはなしの作り方がわかります。

支援者
1人
在庫数
4

100,000

alt

【NEWアイテム!9月9日追加!】

●サンクスカード

●ぶんぶんセレクション5つのおはなし

●おおたにみねこの教えないメソッド

●どちらかお選びいただけます。
Aコース
おはなし音源(CD,USBなど選べます)
●こどものおはなし朗読
●こどもインタビュー(作家がまだ字の書けないこどもにインタビュー)
などを収録しています

Bコース
●「ぶんぶんの時間」の作家が、出張ワークショップします。
*遠方の場合(横浜市からの交通費が片道1000円以上の方は差額分の交通費をいただきます。参加者は3名まで無料、場所はご提案ください。)
*詳細については、ご相談させて下さい。

支援者
1人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする