60日間で40万円という目標でやってきた資金調達。

しかし、この資金調達も、残すところあと3日となってしまいました。

現在の達成率は67%、集まった金額は27万1000円です。

あと12万9000円集まれば、達成です。


さて、このプロジェクトは日本の私と、ブルンジの友人3人が主体となって、今まで進めてきました。
ここまで来れたのは、一途に皆様の応援とご支援のおかげです。それに加え、現地でプロジェクト実施のために動き、陰で支えてくれている友人の支えも大きいです。本当にありがとうございます。

 

現地の友人はこのプロジェクトに対してどんな思いを抱いているのか。
私の友人サムソンの声をお聞きください。

 

サムソン(写真右)と一緒に

 

「こんにちは。私はサムソン(21歳)です。
私は現在ブルンジの医学系高校に通っており、今は高校3年生で、卒業前のインターンで、実際に医療現場で働いています。


このプロジェクトの重要性は、日本とブルンジの関係を築く点にあると思います。
このプロジェクトは、私たちが日本の文化や、伝統を知る手助けになります。


私はこのプロジェクトに関わることで、たくさんの刺激を受けました。今は、困っている人たちを助けたいと考えています。」

 

サムソンは、私が以前紹介した友人、シリアックの友達でもあります。
彼は高校で一生懸命勉強する傍ら、現地NGOのお手伝いをしているなど、人を助けたいという気持ちが人一倍強いように、私の眼には映ります。


このプロジェクトが成功し、
その計画を実行に移せるように、
まずは資金調達を頑張ります。

 

最後まで粘り続け、あきらめなければ達成できると信じています。
皆様の応援、よろしくお願いします!

 

新着情報一覧へ