プロジェクト概要

 

〜私たちの挑戦は残り僅かとなりました。家族の夢だけではない、「子育て応援Cafeくじら」に込められた想いをご覧ください。〜

 

 

 

家族といっしょに「子育て応援Cafeくじら」を走らせたい!

 
ページをご覧いただきありがとうございます!清水家の母、清水菜美です。
この度、私たち家族の夢を応援いただきたくプロジェクトを立ち上げました!
 

私には今、3人の子どもたちがいます。


私はこれまで保健師として、子育てや障がい者、高齢者の方々のお手伝いを横浜で14年ほど行なってきた者として、多くの現場に立ち会いました。

核家族化で知恵を授かることができずに子育てに悩むお母さんたち。
家族の誰かが病気になり家族の希望になりたいと頑張る人たち。
社会や法の隙間に落ちて支援が届かない人の想い。
豊かな社会の中で経済的な貧困に陥る人の想い。
親の問題のもとで暮らす子どもたちの想い。
私はこうした現場に常に寄り添い、想いを受け止めてきました。

しかし同時に、障害、難病、感染症、精神障害など。多くの人と接する度に自分の知らない世界に触れ、自分の無知を痛感したのです。

「自分自身について知らないことを知り、夫婦の在り方や家庭観を見つめ直したい」
そう思った私は今、横浜から移住して沖縄にいます!

まだまだ子育ては渦中ではございますが、「お店を出したい」「家族と一緒に過ごしたい」「お菓子を作りたい」「車が大好き」……そんな家族全員の夢を叶えるため、みんなで移動販売車を運営することを決めました!「子育て応援Cafeくじら」として沖縄を走り回るため、どうか私たち家族の夢を後押ししてください!

 

移動販売車イメージ図

 

 

7年前、夫が依存症に。一度はバラバラになった家族がひとつに。

 

7年前、ちょうど震災のあった年、夫のギャンブル依存症が発覚しました。
これまで保健師として見てきたことが我が家にも起こり、別居をした末、4か月だった長男を抱え路頭に迷いました。現在では、幸い早期に対処できたことで回復のレールに乗ることができ、再び一緒に歩むことができています。

その後、2人で子育てをしたいという想いを叶えるため、お互いの得意を生かし、他とは比較をしない、我が家流の子育て・家庭づくりを心がけるようになりました。

たとえば、私はスキンシップをあまりされてこなかったために、抱っこ(スキンシップ)が苦手な感覚がありました。しかし、夫はそれを理解してくれていて、つらいと思ったらカバーしてくれ、家事も分担しています。また、2年前には経済的に無謀かと躊躇していた第3子を出産しました。

 

第三子、出産直後の様子


以前までは、仕事との両立で、かなり無理をして子育てしていました。
子どもとの間に何かを挟んで、目の前のこどもをしっかり見つめること、抱きしめることができなかったように思います。保育園を建てる場所で揉めたり、子どもの声がうるさいと言われたり、ボール遊びができない、大声が出せない公園……マナーを求める声ばかりが聞こえていていて、都会での生活がとても窮屈に感じていました。

「今抱えているもののすべてを手放して、心地がいいと思える環境に身を置くとしたらどこがいいだろう」そう考えた時、若いころに何度も旅行に行っていた沖縄が浮かびました。親戚はいませんが、父の故郷の島にも似ている沖縄にどこか懐かしさを感じた私は、生活の場を沖縄に移し、今は家族みんなで幸せに暮らすことができています。
 

第三子である、わかなは元気にすくすく育っています♩

 

 

7色の移動販売車を見たあの日。家族の夢が繋がった。


夫の夢は、得意な料理でいつかお店を出すこと
私の夢は、家族で一緒に過ごすこと、子育てしやすい環境を提案していくこと
長女の夢は、友達とお菓子を作って売ったり、ネイリストになること
息子の夢は、車が大好き、たくさん友達を作ること
次女の夢は、おいしいものが食べて、パパとママと一緒にいること

これが私たち家族5人の今の夢です。

我が家では食卓を大切にし、子どもが小さい今だからと、一緒に食べる時間を大切に育んできました。そのため、私たちの夢はそんな食卓から生まれました。 
なんとかして、家族の夢を叶える方法がないか?考えました。

しかし、お店を開くにしても、飲食業は朝も早く、夜も遅く、大切にしている食卓も不規則になります。資金もかかるうえ、多くの負担がかかることは否めません。

そんなことを考えていたある日、市場で開催されたイベントで、ピザやかき氷などを売る、7色の可愛い移動販売車を見てヒラメキました!「お店を動かしちゃえばいいんだ♪」と。

家族のささやかな夢が、繋がった瞬間でした。

 

7色の移動販売車の見つけた日

 

 

横浜ナポリタンで、お祭り好きな沖縄人の心に近付きたい!

 

今回皆さまからいただいたご支援により、移動販売車を購入します。
沖縄は車社会で、食にあまりお金をかけない文化があります。一方、エイサーや音楽フェスなどのイベントやお祭りがとても多く、人が自然と集まる温かい場所です。

私たちも、こうした沖縄のコミュニティに出向くことで、活動を広げていきたいと考えています。メインメニューは、地元にある喫茶店のナポリタンが大好きだったことから、清水屋のケチャップを使った「横浜ナポリタン」。

 

こだわりの清水屋のケチャップ


今後はニーズに応じてメニューを変化させていきますが、地盤がない私たちは自分たちの大好きを発信しながら沢山の人たちと交流を図っていきたいと思っています!

運営開始時期は、2018年7月くらいから副業として隔月1回~月1回のペースで始めます。調理・販売担当が父。下ごしらえやデザイン、収支や家のことは私。販売の手伝いやチラシ配りが長女と長男。看板娘と試食係が次女。みんなで協力して頑張ります!

 

横浜ナポリタン

 

 

家族のためだけじゃない、子どもの貧困問題に悩む沖縄に希望を。

 

子どもの貧困問題は沖縄ではとても深刻です。

沖縄の最低賃金は714円と全国で一番低いゆえ、2016年4月に公表された沖縄県の子どもの貧困率は29.9%です(※1)。

これは全国平均とされる*16.3%の約2倍の数値です(※2)。

※1…沖縄県『沖縄県子どもの貧困実態調査結果概要』(2016年4月)より参照
※2…内閣府『平成27年版 子ども・若者白書』(2015年6月)より参照


移動カフェであれば、必要なところに食が提供できる強みがあります。家族の夢を乗せるだけではなく、私たちは沖縄の貧困状態を解決するための糸口にもなりたいのです。地元の講師を呼び、伝統工芸(紅型やシーサーづくり、三線、指笛)などのワークショップ、映画上映会なども計画しています。


私たち自身が、現在子育て中ですので、仕事の在り方が刻々と変化していく時代に、子どもたちには仕事を生み出す時を一緒に体験してもらいたいという願いがあります。

私たちの生き方を通じて、ちょっとつまづいている親子の希望にも繋げられたら嬉しいです。どうか、皆さまの温かい応援をお願いいたします!

 

私たち家族の生き方が誰かの希望に繋がりますように

 

 

「子育て応援Cafeくじら」から皆さまへ

 

今回ご支援いただいた皆さまには、清水家から愛を込めたお礼をお贈りします!

 

子どもの貧困問題や家族の悩みや問題に、私たちの生き方が寄り添えるようにします。どうか、温かい応援をお願いいたします!

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)