皆様 本プロジェクトをご覧頂きありがとうござます!

 

カンボジア救急救命技術支援チーム 津波古です!

 

本プロジェクト内容が

少しでも多くの皆様に届くようブログのような形で記していきたいと思います!

 

カンボジア救急救命技術支援のはじまりは

当時、現地で別の支援活動を行なっていた、友人からの

届いた一通のメールでした。

 

その友人とは大学時代、共に救急救命士を目指し

勉学に励んだ仲間の1人でした。

 

「救急車があってもストレッチャーの出し方がわからない。物はあっても、教えてくれる人がいない。物だけでは人の命は救えない。」

 

そんな内容でした。

 

カンボジアという国の名前は知っていましたが、どんな現状であるかは

ほとんど知ることはなく、

この時点でカンボジア支援チームが立ち上がるとは思っていませんでした。

 

誰に相談するか。

まずは気軽に身近な人から相談しようと思い、

大学の先輩であり、私が生涯目標としている先輩に相談したところ、

返ってきた返事は一言。

 

「よし。カンボジアに行こう!」

 

その一言でした。

 

単純ではありますが、困っている人がいたら、助けたい。

自分が力になれることがあるのならば、行って助けたい。

 

私が救急救命士を目指した頃の気持ちに通じる

 

その原点である気持ちを奮い立たせてくれた一言でした。

 

2016年6月5日に友人からメールをもらい

 

2016年9月11日には、現地カンボジアにおいて、現地の救急医や救急隊員、憲兵隊とカンボジアの方々の命を救うために救急救命技術習得のため、共に汗を流していました。

 

これが

第1回目のカンボジア救急救命技術支援がスタートでした。

 

新着情報一覧へ