プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

=====================================
皆さまの温かいご支援のお陰で残り期間9日を残し、目標の10万円に達成することができました!本当にありがとうございます。

 

次なる目標にチャレンジさせていただきたいと思います!当初の目標金額で、カンボジアの子供たちとスポーツをする分の道具は工面できますが、できることなら、今回交流するスポーツ以外の種目の道具(バドミントンなど)もあれば、子供たちがもっと喜んでくれるはず!そこで、ネクストゴール12万円を目指していきたいと考えています!

 

引き続き、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

=====================================

 

スポーツの力でカンボジアの子どもたちに笑顔を!
学生生活の集大成として!!

 

はじめまして、流通経済大学スポーツ健康科学科でスポーツマネジメントを学んでいる小畑朱里です。残りの短い大学生活で、これまで経験したことを総動員して、社会的に価値のある活動をしたいと考え、カンボジアの学校でスポーツを教え、その後も楽しんでもらえるよう、スポーツ用品を寄付するという今回のプロジェクトを企画しました。

 

カンボジアにした理由は大きく2つで、以前ボランティアで訪れた際に、「カンボジアの郊外の学校では体育教育がほとんど行われていないのを知ったこと」「一緒にスポーツをしたときに気持ちが通じ合ったと感じたこと」です。

 

しかし、カンボジアともなるとかかる金額も少なくありません。渡航費などは工面できたものの、スポーツ用品の購入費が足りていないというのが現状です。

 

カンボジアの子どもたちのキラキラの笑顔を
言語、異文化を超えた交流を生み出すためにも
みなさんご協力いただけないでしょうか。

 

みんなで力を合わせるから笑顔も自然と生まれます!

 

大学生活をより充実したものにするために踏み出した一歩が
私の世界を広げてくれました!

 

2年前、大学生の時間がある間にしかできない貴重な経験をできないかと考え、カンボジアの海外ボランティアツアーに申し込みました。現地では、カンボジア郊外の小学校へ訪問し、日本で行われているけん玉や相撲、折り紙などを教えたり、ツアー会社の日程に沿って子どもたちと運動会を行いました。

 

初めての体験に目をキラキラさせている現地の子たちを見て、もっと何かできることはないかと考えました。そこで思いついたのが、今回のプロジェクトである、日本の体育授業で行われているスポーツを一緒に楽しむことです。

 

同じときを過ごせば一緒に笑顔になれる

 

今大学で経験していることをもっと生かせる場所へ
スポーツをカンボジアに根付かせるために!

 

大学で日本の小中学校の子どもたちとのスポーツ交流会の経験を生かして、現地の子どもにもスポーツに触れる機会を創出したいと考えています。スポーツ種目としては、サッカー、ドッジボール、タグラグビーやアイスブレイクプログラムを想定しています。

 

カンボジア郊外の学校では、体育教育はほとんど行われてないこと。体を動かすことは言語の壁を越えて楽しめる教育であることから、私たちが行える最大の価値であると考えています。

 

また、その日限りでプログラムが終わってしまわないよう、その場にいなかった子どもたちにも楽しんでいただけるよう、使用したボールなどは現地に寄付します。

 

いわき市の小学生とのスポーツ交流会
スポーツから生まれる一体感と笑顔は国境を越える

 

スポーツの力、可能性を知っているからこそ
たとえ小さな一歩でも、社会を変えるためにチャレンジしたい!

 

今回のプロジェクトを通じて、現地の子どもたちに体を動かすことの楽しみを知っていただくことはもちろん、この交流から、日本に興味を持ってただいたりなど、文化の交流にまで発展できればと願っています。またスポーツの魅力に気づきスポーツ選手になるなどの夢を抱いてもらえればとてもうれしいです。

 

この取組み一つで社会が大きく変わっていくとは思っていませんが、子どもの内に「楽しい経験をすること」、「異文化であってもともに楽しめることがあること」を知ってもらうことは必ずより良い社会につながっていると信じています。

 

まだまだつたない経験しかない私たちの、遠大な想いですが、実現したいという想いの強さは自信があります。その一歩を踏み出すためにもみなさんどうかご協力をお願いいたします。

 

日本の運動会の定番『玉入れ』に一生懸命になるカンボジアの子どもたち
また、みんなに会いに行くからね!

 

 

◇◆◇ご支援金の使用用途◇◆◇

ご支援金10万円は、「サッカー」「ドッジボール」「タグラグビー」などの購入費に充てさせていただきます。カンボジアの子どもたちと一緒に遊ぶだけでなく、私たちがいなくなった後も遊び続けてもらうために小学校に寄贈します。

 

◇◆◇リターンご紹介◇◆◇

カンボジアのお土産

Tシャツ・アクセサリー・食器・石鹸・置物などを複数点ご用意。内容は届いてからのお楽しみです!

 

活動報告書

活動は写真・動画とさまざまなカタチで記録に残します。それをまとめた活動報告で、雰囲気をリアルに感じてください。

 

カンボジアの子どもたちからのありがとうメッセージ(動画)

ご支援いただいたみなさまへ向けて、カンボジアの子どもたちにありがとうの気持ちを伝えてもらいます!前回感じたのは、子どもたちの底抜けの笑顔とありがとうはとっても心に響きます!

 


最新の新着情報