カナエールは児童養護施設を退所して、大学・専門学校等へ進学する子どもたちを支える奨学金プログラムです。

3年前から東京で実施され、東京では毎年10名の児童がプログラムに参加してきました。

東京以外の開催は全国でも初となるカナエール福岡では、今年度、5名の児童を支援して行きます。

 

「たった5名の支援で、いったいどのような効果がありますか?」

 

ある説明会でそう聞かれたことがあります。

もちろん、私たちはこのカナエールですべての問題を解決できるとは到底考えていません。

しかし、子どもたちが暮らす児童養護施設の職員は口をそろえてこう言います。

「施設の子どもたちは、必ず先輩の背中を見ています。」

 

確かに私たちがカナエール福岡で直接的に支援できる子どもたちは年間たった5名しかいません。

しかし、その5名をしっかりと社会が見守り支えていく姿勢を示すことによって、

施設に暮らす多くの子どもたちにとって、自らの将来を見据えた希望の光と成るはずです。

 

そしていつか、支援を受けたその子どもたちが、また次世代の子どもたちを支援して行く。

子どもたちの負の連鎖を断ち切り、そんな支援の連鎖を創りだすことが私たちの目標でもあるのです。

皆さまのご支援とご関心を心よりお願い申し上げます。

カナエール福岡実行委員会 窪田広信

新着情報一覧へ