Caturday完成までの道のり。先週の報告。

台東区保健所に行ってきました。
台東区では、環境省が推奨する「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」のモデル事業として、犬猫の殺処分の削減を目指しています。
そのために行っているのが「命のバトンプロジェクト」です。
このプロジェクトでは、犬と猫の当面抱えている問題にフォーカスし、犬については「つなぐ命 〜保護犬の譲渡推進」を、猫については「見守る命 〜地域猫活動支援」を展開しています。
平成17年度に開始したこの取り組み、成果は着実に現れており、台東区の野良猫の数は大幅に減少し、27年度・28年度と2年連続で子猫の殺処分数0を達成しました。
但し、台東区には保護猫を置いておけるシェルターの役目をする施設がないため、その分個人で頑張るボランティアさんの負担が増えてしまっています。
そのためにも保護猫が譲渡されるまでの一時預かりの場が必要になっており、Caturdayを活用して頂くことで、多くのボランティアさんたちの負担軽減に繋がる貢献が出来ると考えています。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています