[銚子人プロジェクトを応援してくださっている皆さんへ]
残り18日!『魅力的な銚子人を紹介するガイドブック』
支援者募集中(達成金額 29万円/目標100万円)

■「銚子人」を応援する
https://readyfor.jp/projects/choshijin

■「銚子人」を応援してくれた方へのお礼
https://readyfor.jp/projects/choshijin/purchase

-----------------------------------------
今日から、私たちがこれまでに出会った魅力的な銚子人達を紹介していきます。

【プレ 銚子人 vol.1】

銚子人:宮川敏孝さん

会える場所:黒生町 (一山いけす)
http://www.ichiyamaikesu.co.jp/
-----------------------------------------

 そのフランクで親しみやすい人柄で、銚子の若い漁業関係者に慕われる兄貴分、宮川敏考さん。60年続く鮮魚問屋・活魚料理屋で育った生粋の魚屋の宮川さんには、一緒に働く仲間や銚子に対する愛や誇りがあふれている。地元の人なら誰もが知る、店内に大きないけすを持つ魚料理店「一山いけす」の専務でもある。また、銚子の食や漁業体験のツアー参加者を他地域から受け入れ、漁業以外との様々なコラボ レーションも行っている。気さくにそして自由に、銚子を全国に発信 しているのだ。そんな、こわいものなど何もないように見える宮川さんに、これからやりたい事ってありますか?と尋ねると、「欲のない人たちと夢のようなとんでもない事をやって、笑って楽しい時間を過ごしていきたい」と、これまた無欲なんだか欲張りなんだかわからない答えが返ってきた。でもお話をうかがっていて、きっと宮川さんはもうその「夢のようなとんでもない事」の中にいるんだなと感じた。

新着情報一覧へ