クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

『立方体地球』を考える? 子どもたちに新しい教育を届けたい!

中村健治(公益財団法人日本科学協会)

中村健治(公益財団法人日本科学協会)

『立方体地球』を考える? 子どもたちに新しい教育を届けたい!
支援総額
128,000

目標 200,000円

支援者
20人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2014年03月05日 16:20

残りあと6時間です!

 みなさん、こんにちは。

「もしも地球が立方体だったら」出前授業プロジェクトは、現在18名の方にご支援いただいています。ありがとうございました。

 

 

        (立方体地球の金星のような大気圏)

 

 この授業では、次のような質問を子どもたちに投げかけます。

 

Q 地球は球の形をしています。でも、本当でしょうか。人工衛星からの写真とかを見ることができなかったとしたら、地球が球形であることをどうやって確かめたらいいでしょうか。

 

 みなさんは答えられますか?

 私たちは、この授業を全国展開して、子どもたちに考えることの楽しさを伝えていきたいと思っています。

 

 現時点で、達成率は64%です。
 あと6時間、のこり7万2千円が必要です!
 皆様のご支援、ご協力、応援宜しくお願い致します!

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・特製オリジナルクリアファイル
・静岡特産茶(100g1袋)

支援者
16人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・木村龍治先生のサイン入り著書
 「天気ハカセになろう―竜巻は左巻き?」
・特製オリジナルクリアファイル
・静岡特産茶(100g1袋)

支援者
2人
在庫数
18

30,000円(税込)

・出前授業「もしも地球が立方体だったら」の特別鑑賞券
・木村龍治先生のサイン入り著書
 「天気ハカセになろう―竜巻は左巻き?」
・特製オリジナルクリアファイル
・静岡特産茶(100g1袋)

※特別鑑賞券は、平成26年3月11日の授業日1回限り有効とします。また、恐れ入りますが、実施校までの交通費は自己負担でお願いします。

支援者
2人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする