先週の11月6日、和歌山県橋本市にある「きのくに国際高等専修学校」の高校生のみなさんを対象に「ろうLGBTQ」についてお話しさせていただきました!

 

私たちの活動を知った一人の生徒さんが、授業のプロジェクトとして「ろうLGBTQ」について学びたいというメールをいただいたのがきっかけでした。何度かのやりとりをした後、実際に出張授業を行うことができました。

 

授業中に熱心な議論を交わしている様子です!


授業では、「ろう」としての問題、「LGBTQ」としての問題、この2つを複合的に考えることの大切さ、そして、人それぞれ、多様なアイデンティティがあって、暫定的なものではないということを伝えることができました。

 

最後にはLGBTQ手話表現も一緒に使いながら、積極的な質問が飛び交いました。
皆さんと「LGBTQ」の手話表現で撮影しました!
新サポートブックの完成をとても楽しみにしていると言っていただきました!

 

皆さんと一緒に「LGBTQ」の手話を表現!

 

きのくに国際高等専修学校の高校生のみなさん、ありがとうございました!

(みなさんには写真掲載について許可をいただいております。)

 

―――――――――――――
 
クラウドファンディング、現在79名の方のご支援が集まりました!
12月8日まであと21日!

ネクストゴール達成までは残り14万4千円までくることができました。

ここまで応援していただき、どうもありがとうございます。

もし、よろしければ、ご協力してくださった方はシェア・拡散を
まだの方はご支援をしていただけると幸いです。

 

Readyfor

 「ろうLGBTQサポートブックをリニューアルし7000部制作したい!」
https://readyfor.jp/projects/deaf-lgbtq

YouTube 挨拶手話動画
https://youtu.be/hAAXBRk5fDA

 

山本芙由美

新着情報一覧へ