イラストを描きました。~その5~
 

お待たせしました。
 
アンケートを参考にイラストを2点描きました。
 
1枚目のイラスト。

 


「座薬をもらったので座って飲みました」
 
聴覚に障害があるというのは、必要な情報が耳からほとんど入らないということです。

言葉を理解するのは難しく、文字を見たまま受け取ってしまうこともあります。

「座薬」→「座って飲む薬」と思ってしまうろう者もいます。

または座薬を飲み、飲み薬をおしりに入れてしまった方もいます。

こうした誤解がないように正しいお薬の使い方を知ってもらえるようにイラストやマンガでわかりやすく説明するべきです。
言葉よりイラストやマンガの方が伝わりやすいです。

 
2枚目のイラストは

 


 「医者や看護師はきこえない私でなくきこえる家族に向けて話をしてしまう」
 
聴覚障害があるから、きこえる家族の方に向けて話をする。これはとても少なくありません。

実はこれ、どんどん情報のズレが起きてしまってしまいます。(本人に伝わらないため)

聴覚障害者の意見が相手に伝わらなくなるだけでなく、家族に伝えたつもりなのに、100%伝わっていなかったりします。(そのまま全部本人に伝えることはできないので)

いわゆる言葉のズレが起きてしまうため、本人は不安に思ってしまいます。

きこえないからって、きこえる家族に伝えるのではなく、当事者である本人に筆談でもよいので直接伝えるのが一番よいでしょう。
 
ページ内にツイートボタンやfacebookいいね!ボタンがあるので、参加してもらえると幸いです。
ご協力どうぞよろしくお願いします!
アンケートに回答頂いた方に「聴覚障害者の災害時に困る事って?」の小冊子を送らせて頂きます。
アンケートはこちら
https://jp.surveymonkey.com/r/PDHLKJV

新着情報一覧へ