エジプト人女性の下着事情!性に閉鎖的というイメージは本当?!

こんばんは!開発メディアganasの森彩香です。

 

今日は、エジプト人女性の下着事情についてお話します。

 

イスラム世界の女性は性に閉鎖的というイメージを持たれがちですが、取材に行ってみたところ、実際にはそうでもないことがわかりました!

 

イスラム世界を一人で旅し取材するノンフィクション写真作家・常見藤代さんの『女ひとり、イスラム旅』(朝日文庫)の出版記念トークショーへ取材に行ったときのお話です。

 

常見さんによると、エジプト人女性は、結婚前にセクシーな下着を大量に購入する習慣があるというのです!常見さんの知人は実際、パンティ30枚、スリップ10着、ブラジャー10着を買い揃えたそうです。

初夜には、新婦が夫を喜ばせるためにサプライズを行い、そのあと1週間は毎日子作りに励みます。

 

イスラム世界で、女性が結婚前に性的関係を持つのはタブーとされていますが、「結婚したら、セックスを楽しめ」という教えも、イスラムにはあります。イスラム世界の女性は、旦那さんにしか自身の美しさを見せないのです。

 

エジプトの街中には、セクシー下着ショップが沢山あります!

ショーウィンドーには、ショッキングピンクのベビードールやガーターベルト、真っ赤のスリップなどの派手な下着が堂々と飾られているのです。結婚した女性が利用するそうです。

 

禁欲的なイメージを持たれがちなイスラム世界の女性ですが、結婚後はそうでないのが現状です。

実際に、エジプト人女性の生の声を聞き、発信したい。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

開発メディアganasで掲載した記事はこちらです。

http://dev-media.blogspot.jp/2015/01/blog-post_25.html

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています