昨日、このテーマに当初からアドバイスをいただいているコンサルティングの井上様から「どこでもおでかけ」という前に「だれでもおでかけ」では?のつっこみをいただきました。まさに、このテーマの目指す、ハンディキャップを乗り越えて・・のコンセプトにそった名前です。「世界中どこでも行けるようになるんだよ」というのが魅力と思って今まできましたが、目指すコンセプトをしっかり伝えてからと思えば、その通りです。

「だれでも・どこでも・おでかけ」では長すぎるでしょうか?

新着情報一覧へ