プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

今日も床に散らかったご飯を眺める。

子どもは、色々試しながら、食べるを学び、楽しんでいる。

そんなことはわかっている。

それでも毎日毎日作ったご飯を散らかされて、片付けては大変……。

 

 

食べこぼし、食べ遊びは、子どもにとっては成長と楽しみのチャンス!でも大人からすると後片付けが……。そんな悩みを軽減するために、簡単使い捨て食べこぼしシートを作りたい!!

 

初めまして、京都で印刷デザインの会社に勤めている小柴恭一と申します。嫁さんは看護師で、いわゆる共働き世帯です。子どもを育てていくと、さまざま感動体験が得られる一方で、日々ストレスを感じてしまうシーンも存在します。

 

今回のプロジェクトは、そんなシーンのひとつ、子どもの食べこぼしや食べ遊びのストレスを少しでも軽減しょう!というものです。食べこぼし、食べ遊びは一概に悪いことではなく、子どもの成長に欠かせない行為。なので、その行為自体をさせないようにするのではなく、片付けの負担を減らすことを目的に、椅子の下に敷く、大きな食べこぼしシートを開発しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
こんな平和な時間は「いただきますだけ」

 

家に帰るとそこはうどん地獄でした……

 

いつもより早く帰ると、そこには床一面に散らばるうどん。当時育休中の嫁さんが子どもにご飯をあげていたのですが、10か月を過ぎて、食べる行為に興味を持った怪獣がニコニコとうどんをぶちまけていたのです。

 

その光景をみた時に、私は取るべき行動がわかりませんでした。そして、うどんが散らばった床を掃除する嫁さんを手伝ったのです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
うどんの時はもっと悲惨でした。

「毎日こんな感じなの?」

「そうだよ。」

「怒った方がいいんじゃないの?食べ物を粗末にしちゃいけないし、一生懸命栄養バランスも考えて作ったものでしょ?」(悲しそうな顔で床を拭く嫁さんの顔を思い出しました)

 

少し笑みを浮かべながら、わかってないな~という顔で嫁さんは言いました。

 

「たしかにそうだけど、あーやって子どもは少しずつ成長していくの。指先で食べ物を触りながら手先を成長させたり、食べ物とそうでなものの区別をつけていったり、いろんなことを学んでいるんだよ。それに怒ったりしたら、食べることを嫌いになっちゃう。もちろん怒られている意味がわかってきたら、ちゃんと注意しないといけないけど。」


 

時々手伝ったりもしていたので、一緒に育児をしているつもりでしたが、まったく解っていませんでした。ここまで子どものことを考えながら一生懸命つくった料理がぶちまけられるのを我慢しているのかと。それと同時に、少しでも嫁さんを楽にできないか?と考えるようになりました。

 

いつもこんなおとなしく食べてくればいいのに……

 

試行錯誤の末、仕事の関係を使うほど意地になっている自分がいました。

 

そこから、私の嫁さんを少しだけでも楽にするプロジェクトは始まりました。ご飯を食べさせるときに新聞やブルーシート、レジャーシートを敷く。しかし、新聞紙では汁物をこぼしたときに全然もたない。ブルーシートやレジャーシートだと、結局それを洗う手間が発生し、楽になるどころか、もっと大変になる。

 

ここまでくると半分は意地のようなもので、印刷デザインの仕事関係で付き合いのあった紙屋さんに、大きくて、耐水、耐油、軽くて、使い捨てできるくらい安く!なんて無茶なオーダーをしながら試作品をつくるまでに。

 

試作品を使用してみると、嫁さんが想定以上の高評価!これは多くのママさんにも喜んでもらえるのでは?と、40名を超すママさんにモニターをお願いし、本格的な開発にまで進みました。

 

社内でも会議を重ねて開発にいたりました

 

片付け簡単、衛生的な使い捨て食べこぼしシートの完成!

 

今回、このクラウドファンディングでは、ようやく開発が完了した「使い捨て食べこぼしシート」をより多くの皆さんに使ってもらうために、5,000セット(1セット10枚入り)を作ります!

 

<使い捨て食べこぼしシート>

■シート素材:紙素材で燃えるゴミとして捨てられます

コンビニのフライ商品など食品包装に使用されている紙なので、安心してご使用いただけます。

■耐水性・耐油性:袋状にして、水や油を入れても2時間は漏れ出しません(ケチャップなども安心)

■印刷用インク:植物由来のベジタブルインキを使っているので健康にも安心

■大きさ:(縦×横)約64cm×96cmで激しく食べこぼしてもしっかりキャッチ

 

<使い方>

①椅子の下にシートを敷くだけです

 

②お子さんが食べ終わった後は、衣類についた残飯やテーブルに散らかった残飯をシートへ流し込んで、丸めて捨ててください!

こんな汁物の食べこぼしも
染み出したりしません!
スマートフォンくらいのサイズに小さくまとめてポイできます!

 

思いもよらない高評価。これがあれば多くのママさんの手助けができる!

 

この使い捨て食べこぼしシートは、育児のあるあるワンシーンから始まりました。それがここまで大々的に進めていけたのは、「嫁さんの悲しそうな顔とそれでも子どもを優しく見守る顔」「印刷デザイン会社につとめるものの意地」そして「モニターの方々の声から頂いたうれしい言葉」があったからです。

 

~モニターの方々から頂いた声~

・子どもの食べ散らかしが嫌で私が食べさせていましたが、このシートがあれば子どもが自由に食事できます

・とても柔らかい紙だったので、旅行にも、ママ友ランチにも持っていけて大活躍

・イライラを必死に我慢していた食事の時間。床が汚れないと思うと気が楽になりました

・食事だけじゃなくて、粘土遊びやお絵かきの時に敷いたら床が汚れなくてびっくり

 

このシートを作っていく過程で、色々な人の意見を聞いて、多くの発見がありました。共働きのママさんはもちろん、専業主婦、育休中のママも、ものすごく時間に追われていること。ほっと一息の瞬間どころか、子どもとゆっくり遊んであげる時間が取れないことも。

 

そんなことも知らずに、当たり前と思っていた自分が恥ずかしくなりました。でも、そんなママさんたちをちょっとだけ助けられると今は少し誇りに思っています。

そして、同じように当たり前と思っているパパさんへ!!戦い続けているママに是非プレゼントしてあげてください!!

 

大変なママを少しでも支えられたらいいな!!

 

 

◇◆◇ご支援金の使用用途◇◆◇

皆さんから頂いたご支援金は、(10枚入り)5,000セットを生産する費用に一部に充てさせていただいます。

 

 

◇◆◇こんな方にオススメ!!◇◆◇

~入門~

①ようやくご飯を自分で食べ始めたお子さんを持つママやパパ

 

~もっともストレスがかかる(?)第2ラウンド~

②キレイに食べられるようになったのに、イヤイヤ期に差し掛かり、怒ってご飯をわざとこぼしてしまうお子さんを持つママやパパ

 

~こんな使い方もできます!~

③粘土遊びやお絵かきなどで机や床を汚されたくないとお考えのママやパパ

 

④自分の子育ては終わったけれど、上記のように苦しんでいるママやパパへのプレゼントとして

 

⑤保育園や養護施設などなど、同様のお悩みを抱えた場所を運営する方

 

 

◇◆◇デザインパターン◇◆◇

以下の4パターンと無地の計5パターンを制作予定です

 


最新の新着情報