「マングローブの珍メンバー」

 

前回は二種類のサルについて紹介しました。今回はこのセンターでみられる、日本の方にとって珍しい生き物を2種類紹介します!

 

1つ目は”Monitir Lizard”! 日本名は「オオトカゲ」です。野生のモニターリザードは日本では見ることはできません。Centerの周りにいるのは体長1m~1.5mの小柄なものが多く、水の中をすいすいーと泳ぐ姿をよく見かけます。

先が割れたトカゲ特有の舌で昆虫や小動物を捕食しています。先日は残飯のスパイシーカレー食べてましたけどね。。。

 

2つ目は“Ottar”! 日本ではもう絶滅してしまった「カワウソ」がここで見ることができます。といっても、ここでも非常に珍しく、実は私はまだお目にかかれていません。

見た目はかわいいのに、エサの魚などを食べるときは恐ろしい形相になることで有名ですよね。私のいるEICのマークにも描かれており、一度はお目にかかりたい珍獣のひとつです。

 

日本では見ることのできない生き物たちを見つけるとドキドキします。

次回は「マングローブオーケストラの演奏者」として鮮やかな鳥たちをご紹介します!おたのしみに!

 

 

新着情報一覧へ