「マングローブオーケストラの演奏者」

 

前回は珍しい生き物についてご紹介しましたが、今回は「とり」に焦点を当てたいと思います。

 

実は、鳥類保護はこの団体Malaysian Nature Societyの大きな取り組みのひとつで、マングローブに生息するあらゆる鳥類を観察、保護しています。

ここEICのあるSepangのマングローブ林には50種類以上の鳥がいるので、毎日いろいろな鳴き声を聞くことができます。

下の写真のKingfisher のように鮮やかな青い鳥もいるんです。幸せの青い鳥!きっとそこら中にいろいろな鳥がいるのでしょうが、小さな体とマングローブ林の茂みでなかなか姿を見ることはできません。

 

鳥なんて日本もマレーシアもそんなに変わらないだろうと思っていましたが、マレーシア固有の鳥、マレーシアと日本を行き来する渡り鳥、日本固有の鳥と様々に適応していると気づかされます。

 

次回は生き物編最後、「ドロドロの生き物たち」を紹介します。お楽しみに!