『いま、ここで生きている』 フィナーレ!上野駅開催報告

1月から東北を縦断してきた展覧会が上野駅でフィナーレを迎えました。

震災を忘れないでほしい!東北に思いを向けてほしい!

そう強く願い開催した展覧会。

その思いに応えるように、駅を行き交う多くの人が

足を止め、東北に思いを寄せ、涙した2日間となりました。

会場には、駅を利用する関東近郊の人たちはもちろん、

大槌、釜石、大船渡、南三陸、福島、郡山、いわきなど

東北に故郷を持つ人たち、親戚が被災した人たち、海外の観光客など

さまざまな来場者があり

開催期間中、客足が途絶えることはありませんでした。

 

そして「忘れてなんかいない!」「1日も忘れたことなんてない!

盛況となった会場で一番多く聞こえてきたメッセージに

胸が熱くなりました。

東北への思いが会場を包んだ2日間。

古くからの応援者の皆さんにも、たくさんご来場いただきました。

サプライズで登場したのは、あのノッポさん!

応援メッセージを伝えるため、駆けつけてくれました。

そのほか、多くの支援者の皆さんにもご来場いただきました。

活動報告書もHPにアップしましたので

こちらも是非ご覧ください。

http://artsforhope.info/report/pdf/report_2016.3.5-6.pdf

 

『いま、ここで生きている』展は

たくさんの応援に力をいただきながら

全7会場での展示が終了しました。

数え切れない人たちの心が共鳴し合い

新しいつながりが生まれた展覧会。

「忘れてなんかいない」「明日も一緒に頑張っていこう」という

東京で受け取ったメッセージを

東北の皆さんに一刻も早く伝えたい!

そう思います。

 

READYFOR支援者の皆さま、本当にありがとうございました。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています