【2017年11月22日: 目標金額達成!最終ゴールを設定しました】

 

  第2目標としていた610万円を達成させていただきました!

 

  また300人を超える方々にご支援を頂くことができ、大きな後押しを頂くことができ、本当に言葉にならないくらい感激しております。皆様の温かいご支援に、心から感謝致します。  


皆様からの応援コメントを読ませて頂きながら、この数日間、考えさせて頂きました。 皆様からのこの大きな温かいご支援の意味を。    

 

皆様それぞれの想いや考え方違うと思いますが、 多くの方々が子ども達の可能性を感じ、その将来にかけて下さったのではないかと考えています。 

 

かわいそうな子ども達への援助という意味合いではなく、溢れる可能性への支援。

これほどまでに多くの方々が、ストリートチルドレンの可能性を感じて下さったということに、私自身とても心が揺さぶられました。      

 
今回、第二目標を達成できたことでやっとスタートラインに立つことができました。 これまで追いかけ続けてきた、アカデミーの開校がやっと実現します。

 

私たちの夢に皆さんが 賛同してくださったという有り難さ、そして責任をしっかりと胸に刻み、必ず夢を実現させます。改めて、本当にありがとうございました。
 

しかし、本当に大きな役割と試練はこれからです。 私たちが目指す、人間力に溢れ、優しさと力に溢れた、次世代を動かしうるロールモデルを 多く輩出していくためには、これからが本番です。 

 

これから始まるアカデミーの運営において、特に最初の1年間の運営において、 より多くの子ども達により充実した教育を提供したいと私たちは考えています。

 

そこで、今のエクマットラの状況を今一度考え、現地の仲間達とも話し合った結果、最終目標として、1110万円を目指して最終日の12月22日までこのクラウドファンディングを続けさせていただきたく思っております。


残りの1ヶ月間、この目標を目指してどうか最後まで走らせてください。
 

最後の500万円は、50名の子ども達の新生活開始にあたる諸費用、設備備品などの開校時費用、そして最初の1年間の運営費補助に充てたいと考えております。

またこの金額によって、初年度にさらに10名、新たな子ども達を受け入れることができます。

 

有難いことにもう既に、第二ゴールの目標金額達成後、さらに70万円を超えるご支援を頂くことができております。  

 

第2目標を達成した後の数日間、皆さまの本当に温かい応援で胸がいっぱいで、ここでやめるべきなのではないか、と何度も考え悩みました。

 

ですが、この数年間大変な思いばかりさせてきたバングラデシュで待ってくれているスタッフたち、そして私たちの一番の宝である子どもたちにとって、どうすることが一番よいか、日本人である自分が今エクマットラにとってできることは何か、真剣に考えた結果辿り着いた答えです。

 

運営費に関しては、今後も現地の事業収入や現地からの支援を大きく巻き込み、運営を行っていく準備をしておりますが、初年度にはかなりの経費がかさんでしまうのも事実です。

 

私自身、何度も何度もゴールを再設定することに違和感を感じておりましたし、 そう感じられる方がいるのも事実だと思います。 

 

しかし、これから始まるアカデミーの開校と、よりよい運営体制を作っていくために 最後のゴールを定めさせて頂くことに皆様のご理解をいただきたく思っております。
 

最後になりますが、皆様が大きな後押しをしてくださったからこそ、今力強く前に進むことができています。

 

改めまして、ご支援頂いた皆様に心からお礼、感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 

皆様からのご理解、頂けますよう願っております。最後までお読みいただきありがとうございました。どうぞよろしくお願い致します。  

 

最後に、現在のアカデミーの様子を皆さまにより身近に感じてもらいたく、動画も準備致しましたので、そちらもご覧頂ければと思います。


 渡辺 大樹

新着情報一覧へ