前便では、交流会の準備について報告しました。それでは、5月21日の交流会当日の様子についてご紹介します。先週までの涼しさはどこへやら、この日は爽やかな(?)日本晴れ。思い返せば、当会のイベントは「天体観望会」や「セミの羽化観察会」など晴れを前提としたものが多いですが、雨になった記憶が殆どありません。メンバーの中に晴れ男でもいるんでしょうか。あやかりたいものですね。

 

交流会は、アパート室内の見学から始まりました。今回は、「完成披露」ではなく、作業途中での「交流会」という点を逆手にとって、「改修がおおむね済んだ場所」「作業途中の場所」「作業前の場所」をそれぞれご覧いただくことができました。下の写真は、まさに構築中の場所を見学している場面です。扉の奥にあるのは...?これは、また別の記事でご紹介します。

 

 

会場に戻った後は、当会のことや作業の様子についてスライドを用いて説明させていただきました。記事の冒頭にも触れた「天体観測会」など、当会では科学館以外にも色々なイベントをやっているんですよ。詳しくは、会のホームページまたはFacebookページからご覧ください。

 

この日のメインは、食事をとりながらの交流タイム。近所のお店に特別に用意していただいたお料理を前に、ざっくばらんに話をすることができました。お料理については、次回紹介します。

 

プログラムの最後は、「科学館への期待」を全員に書いてもらうというもの。科学館について様々な表現が出ましたが、どれも根っこは共通するするものがあるように感じました。頂いた期待に応えるために、今後も作業を進めてまいります!

 

 

いろいろな方の協力で、なんとかこの日を迎えることが出来ました。作業に協力いただいた皆様、当日参加していただいた皆様、ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

新着情報一覧へ