みなさんこんにちは!
今日は皆様に
「ぜひきいてもらいたい!」裏話を書いていきたいな、とおもいます!
どうぞさいごまで、ご覧ください。

さて、皆様には第1話のメッセージリレーにて
「ダムカレーとシンデレラの関係性」についてお話させていただきました。

[高校生をシンデレラに見立てて、皆様からのご出資という魔法にかかる」
そうすることで、
「わたしたちは城里町の魅力を伝えることができる」

そんなストーリーにさせたい、と考えたわたしたち。
しかし、
ここで大きな壁が立ちふさがったのです。

「カレーとシンデレラをどうつなげようか」
そんな意見が出てきました。

確かに、シンデレラとカレーって全然関係ないな…

絵本や舞台の世界では、ドレスやティアラはでてくるけれど、
カレーはでてこないのです。

「カレーとシンデレラをどうつなげるか」
とってもとっても悩みました。
でも、なかなか関係性を考えることができません。

実は1番悩んだといってもいいでしょう。

なんとしてもシンデレラストーリーとして展開させたい私たちは、
諦めたくありませんでした。

そんなある日、このチームのメンバーがふと
ヒントを言ってくれたのです。

「魔法使いがカレーを好きなのはどうだろう?」

その一言でチームは再び動きだしました。

そうしてついに、「カレーとシンデレラ」を結びつけることができたのです!


魔法使いの皆様。
皆様はカレーが大好きなのです。

シンデレラが「城里町の魅力を伝えたい」と願ったとき、
そう簡単には現れなかった魔法使い様。

シンデレラは考えました。
シンデレラのお友達のネズミも考えました。
「どうしたら魔法使いは現れてくれるだろう?」

一生懸命かんがえて、2人はひらめいたのです。

魔法使いの大好物「カレー」を作って、その香りに誘われて来てもらおう!

カレーを使った魅力発信。
これは、魔法使いが現れてくれるように考えた仕掛けでもあるのです。

魔法使いのみなさま。
大好物のカレーを作りますので、
おいしいおいしいカレーができるように
私たちに魔法をかけていただけませんか?


もちろん、
ほんとうに城里町にとって欠かせないもの(ダムや農作物)を合致させた結果、
ダムカレーで魅力発信をしたい!という想いもありますよ☺

企画を進めていくなかで、
悩んだ点、諦めなかった点などが、こんなふうにあったんだよ
というのをお伝えしたかったのです。

さいごまでご覧いただきましてありがとうございます!
この話を見てからシンデレラストーリーを見ると、
ちょっと面白く読めるかもしれません。

ぜひストーリーをご覧ください!
新着情報一覧へ