クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

福島のこども達に自由なイルカの世界を感じて欲しい!

藤田 央 (RECK)

藤田 央 (RECK)

福島のこども達に自由なイルカの世界を感じて欲しい!
支援総額
1,245,000

目標 1,200,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年06月03日 16:45

福島のお母さんからの近況報告

Team Berufのお母さんより、近況が送られてきたので、報告させて頂きます。

4月〜11月のいわきで行われているパークフェスでのFukushima Mama & Kids Team Berufの奈良飛鳥の無農薬の野菜の販売の様子です。

こどもたちは、無邪気にシャボン玉を追いかけ、裸足で駆け回ります。
震災前なら、微笑ましい光景は、今は複雑な思いで見ています。

 


私は、震災後、洗濯物を外に干すことはありません。
水道水は飲まないし、食べる物は、できるだけ遠い場所から取り寄せます。
外で遊んだ後は、着替えをし、帰宅後はすぐに入浴します。
草むらを歩かないで。
側溝にはいらないで。
しないで、しないで、しないで。
なのに。
矛盾。

 

 

裸足で遊ぶこどもたちを、止めることができない。
芝生で転がるこどもを、複雑な思いで見ているしかできない。
すぐに着替えるから。
すぐにお風呂に入れよう。
と、自分に言い聞かせながら。
そして。
保養に出て、積算量減らせたし。
と。
こどもたちのためと、口を揃えて言うけれど、私に至っては、むしろ自分の為じゃないかと思ったりもします。
自分自身の安堵感のために。
もちろん、チェルノブイリの事故後、保養に出た子と、出ない子では違いが出たのは実証されているから、こどもの将来には繋がるのだろうけど…。
私の安堵感のためも、理由の一つかも知れませんが、福島の海は、入れません。
福島の山には、入れません。
震災前、海や山が大好きだったこどもたち。
御蔵島で、海や山にふれ、イルカと共に、自然を感じてほしいと、心から願います。

 

 


また、支援が続き、一人でも多くのこどもたちが、御蔵島を訪れることを願っています。

Fukushima Mama & Kids Team Berufのお母さんより

 

今回のFUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMP 2014御蔵島の参加希望者は、すでに決定しています。こども3歳〜15歳12名 お母さん6名。スタッフ7名。
東海汽船、宿、ドルフィンスイム予約完了。正直全て綱渡りですが、一点集中、実現すると確信しています。
もう少しです!
ぜひ、お力をお貸しください!

海外の方達にも協力をお願いする為に英語版サイトを立ち上げました。

私達のReady For?の公式サイトの一番上部にある【Einglish】

をクリックして頂くと詳細をご覧頂けます。

この文章を最後まで読んで頂いている方で、もし知人、友人の方で海外の方がいらっしゃいましたら、ぜひこの英語版サイトがある事を伝えて頂けないでしょうか?

残り、26日。みなさんのご協力のおかげで75%のところまで来る事が出来ました。

本当にありがとうございます。

ぜひ、引き続きご協力をお願い致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

Team Beruf 一同より

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・こどもたちからのサンクスレター
・ドルフィンポストカード5枚

支援者
34人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3.000円の引換券に加えて
・オリジナルカラー三色晴れるやキャンドルを1本。

支援者
30人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10.000円の引換券に加えて
・オリジナルカラー三色キャンドル2本
・TEAM BERUF “STAND UP FOR FUKUSHIMA KIDS”オリジナルT-shirts
・FUKUSHIMA DOLPHIN KIDS CAMP御蔵島DVD1枚

支援者
10人
在庫数
20

50,000円(税込)

30.000円の引換券に加えて
・被災地のアワビの貝で作ったお守りー羽首飾りーDOLPHIN KIDS SHELL FETHER

支援者
2人
在庫数
18

100,000円(税込)

50.000円の引換券に加えて
・御蔵島名物御倉まんじゅう
・御蔵島ドルフィンスイムチケット1枚
(交通費と宿泊代は自己負担)

支援者
1人
在庫数
9

300,000円(税込)

300.000円の引換券に加えて
・御蔵島ドルフィンスイムチケット2枚(交通費と宿泊代は自己負担)
・Team Berufと仲間達が立ち上げた保養プログラムで利用している奈良ー飛鳥にある200年前の古民家レインボーウサギハウスの1週間無料滞在件
(1年間OPEN TICKET)

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする