プロジェクト概要

 

原発事故で停滞する地域を、ワイン造りで活性化したい!

 

はじめまして、ふくしま農家夢ワイン株式会社の関元弘と申します。福島県二本松市東和地区は、かつて養蚕で盛んな地域でしたが、自由貿易の流れの中で養蚕業は廃れ、代替作物もなく地域農業は衰退の一途を辿ってきました。そうした中で、東日本大震災が起き、福島第一原子力発電所の事故もありました。

 

その結果、かつての賑わいは失われ、農家の倅たちも農業を顧みることなく、子供たちの声も聞こえなくなってしまいました。それならば、これまでとは違うことをして、若い人たちに関心を惹かせ地域を活性化させていきたい考え、今回プロジェクトを立ち上げました。

 

地域の農家のおやじたちが集まって、都会の女性をターゲットにしたワイン造りをしています。たくさんのワインを生産していくため、これまで以上の収穫に対応できる高性能醸造機器が必要です。その費用200万円のお力添えをして頂きたく思っております。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

ふくしま農家夢ワインのメンバー

 

しっかりと色づいたブドウ

 

振り返ることなく、震災の年からブドウを植え続ける。

 

震災直後、私たちはリスクを恐れず動き始めました。まずブドウを植え、地域にブドウ栽培を普及させていくこと。果実酒製造会社の設立、製造免許の取得、果実酒の製品化、販売…と躊躇せず、スピード感を持って進めていきました。

 

すでに地域内には6,000本が植わっています。農家自らが作ることをモットーに掲げているため、平成24年にはブドウ栽培に留まらずワイン会社を立ち上げ、その翌年に使っていなかった農業用施設をワイナリーに改装し果実酒製造も始めました。

 

こうした取り組みによる影響は、ブドウ栽培の農家が出始めただけに留まらず、今では市役所を中心としたブドウ栽培の実証試験が行われるまでに至っています。

 

1本1本、私たちの手で植えました。

 

作業中の様子

 

高性能醸造機器を調達し、世界に通用する高品質ワインを造りたい!

 

ブドウは植えてから3年で収穫が始まることから、当初は大した量が採れませんでしたが、現在は4~5トンもの収穫があり今年は更に倍増する見込みです。高品質のワイン製造にはブドウの収穫量に見合った機械が欠かせません。そのため、今後は増えていく収穫量に対応するための整備が必要不可欠です。

 

ワインの醸造は収穫したブドウを除梗破砕して仕込み、その後、着色具合等を見ながら圧搾機で固液分離します(白ワインは破砕後、圧搾し仕込みます)。しかし、農家がお金を持ち寄って設立した会社ということもあり、醸造機器も小型の水圧式のものしか揃えられていません。

 

そこで私たちは、次世代に渡って使用できる高性能醸造機器(圧搾機)を調達することに決めました。これによって、適期作業をすることが可能になり高品質のワインを作ることができます。

 

青々としたブドウ

 

シードル試飲会時の様子

 

ワインから地域を活性化させ、「農家の夢」を実現したい!
皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

このプロジェクトを成功させ、地域内で高品質ワインを造る基盤を整えることで、農業に関心がない農家の倅たち、農業に関心がある都会の若者たち両者を取り込み、次世代の担い手を育成する第一歩になると信じています。そして、こうした試みが世代を渡り、地域づくりにつなげていくことができれば幸いです。

 

かつて養蚕日本一と言われ賑わいのあった地域、福島県二本松市東和地区。そんな地方の一地区から今度はブドウ栽培・ワイン醸造で都会の女性、さらに世界の人たちを振り向かせていきたいと思っています。夢は大きく。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

私たちのワインを楽しんでいただけたらと思います。

 

ふくしま農家夢ワインのメンバー

 

リターンに関して

 

風評被害で売れなかった無念の果実。その果実で造ったお酒をお届けします!

 

当ワイナリーでは、起業当初から地域の農家を守るために、風評で売れない地域内で生産されたリンゴを大量に買い入れ、シードルを生産し販売して参りました。今回のご支援のお礼として、日本では珍しい、熟成古酒と新酒をブレンドしたシードルをお届け致します。新酒の爽やかさと古酒のまろやかさがマッチした絶品です。

 

その他、二本松市で育った「ヤマ・ソーヴィニオン」を100%使用した赤ワイン、「一慶」と「一仁」をご用意いたしました。味の微妙な違いをお楽しみ下さい。

 


品種:林檎(ふじ)

産地:福島県二本松市

 

甘辛度:やや辛口

酸味:おだやかな酸味

味の厚み:ライトボディー

飲み頃温度:10℃前後
内容量:500ml

 

福島県産林檎を使用。時期や品種の違いでも味や香りが異なります。冷やしてお召し上がりいただけるとすっきりとした口当たりと爽やかな林檎の風味がより一層引き立ちます。果物王国福島県の果樹園を吹き抜ける風邪を感じる逸品です。


品種:林檎(津軽 他)

産地:福島県二本松市

 

甘辛度:甘口

酸味:おだやかな酸味

味の厚み:ライトボディー

飲み頃温度:10℃前後

内容量:500ml

 

完熟前の青林檎を醸しています。つるがという品種を中心に手摘みで集めています。花摘みから始ま、手をかけた林檎農家の大事な林檎。醸造過程も丁寧に進めています。甘さと渋みが、初恋の味を思い立たせる逸品です。


品種:林檎(津軽 他)

産地:福島県二本松市

 

甘辛度:甘口

酸味:おだやかな酸味

味の厚み:ライトボディー

飲み頃温度:10℃前後

内容量:750ml

 

早摘みの林檎を使用した発砲の辛口タイプです。プレッシュな香りと酸味が特徴です。お友達同士やご家族が集まったときの乾杯酒としてお使いください。


品種:林檎(王林)

産地:福島県二本松市

 

甘辛度:辛口

酸味:おだやかな酸味

味の厚み:ライトボディー

飲み頃温度:10℃前後

内容量:720ml

 

福島県発祥の王林という品種の林檎を醸したスティルタイプのシードルです。王林の特徴である柔らかな香りと後味がすっきりとした口当たりが、どんな両氏のお相手でも致します。キャトリエムはフランス語で4番目という意味です。ふくしま農家の夢ワイン、4番目に開発された思い入れのある商品です。


品種:ヤマ・ソーヴィニヨン

産地:福島県二本松市

 

甘辛度:やや辛口

酸味:しっかりとした酸味

味の厚み:ミディアムボディー

飲み頃温度:12℃前後

内容量:720ml

 

福島県中通り北部、阿武隈山系に位置する羽山の天空のほ場のみで栽培されたヤマ・ソーヴィニヨン(カベルネ・ソーヴィニヨンと山葡萄の掛け合わせ種)を100%使用。山葡萄系のスパーシーな野性味と土系の香り、カベルネの鮮やかなカシスやベリー系の香りのあるミディマムボディータイプです。大地の恵みを「慶ぶ」という意味から「慶」の字が用いられています。


品種:ヤマ・ソーヴィニヨン

産地:福島県二本松市

 

甘辛度:やや辛口

酸味:しっかりとした酸味

味の厚み:ミディアムボディー

飲み頃温度:12℃前後

内容量:720ml

 

いにしえを今に伝える木幡山の麓で育まれた葡萄が、今、あなたに届けられました。この一滴があなたの心を満たしてくれる存在でありますように感謝の気持ちを込めて....。山葡萄系のスパーシーな野性味と土系の香り、カベルネの鮮やかなカシスやベリー系の香りのあるミディマムボディータイプです。


 

 

私たちが造ったお酒を、ぜひ飲んでください。
応援お願いいたします。

最新の新着情報