プロジェクト概要

もっと動物の事を知りたい。

もっと動物を大切にする人を増やしたい。

 

皆様はじめまして。金丸哲弥と申します。静岡県中部にあるHP作成やチラシ・名刺等のデザインを中心に活動しているOffice z-indexの代表をしています。仕事の傍ら個人で細々とではありますが、野良猫の保護や里親探しなどの活動を行ってきました。元々犬や猫など動物が好きな事もあり、犬1匹・猫2匹と一緒に暮らしています。実は猫だけで年間10万頭以上もの命が消されているのが現実がありますこの命を少しでも多く救いたい。少しでも多くの命に幸せを感じて欲しい。そう願う様になり、その形として「譲渡型の猫カフェ」を作ることにしました。

 

しかし気持ちは強くなる一方、資金面での壁が立ちはだかっています。どうか皆様のお力を頂けないでしょうか

 

(つぶらな瞳で見つめる猫)

 

2013年に殺処分された犬猫は12万頭。
その中でも猫の殺処分は10万頭を超えています。

 

現在多くの動物愛護団体さんやボランティアの方々が、野良猫の去勢・避妊活動をしてくれていますが、それでも追い付いていない現状があります。

また、飼い猫の去勢・避妊の意識も上がってきてはいるものの、徹底されているとは言えず、外で子どもを作ってしまうケースも多々あります。

 

こうして出来た子猫は、いらない子として保健所へ持ち込まれたり、公園などに捨てられ野良猫となってしまいます。野良猫化した子猫は去勢・避妊をしていませんので、成猫になりまた子どもを作り、その子猫が捕獲され保健所に持ち込まれたりします。保健所に持ち込まれた猫のなかには飼い主に返還されたり、里親募集で譲渡されたりする猫もいますが、下のグラフが表している通り大半の猫は命の期限を決められ殺処分となってしまいます。

 

(保健所に持ち込まれた犬猫の返還・譲渡と殺処分を表したグラフ)

 

 

何も悪くない。何もしていないのに。人間の都合でこの世から消されてしまう。そんな残酷な世の中、間違っていると思いませんか?

 

私はそんな残酷な現状をどうにかしたいと思い、まず私にできることを考えました。そして最初に愛玩動物飼養管理士の勉強をし資格を取得致しました。その勉強を通じて、保健所へ持ち込まれる前の犬や猫・野良として生きる犬や猫を保護し、里親探し活動をしている動物愛護団体やボランティアさんが沢山ある事を知りました。

 

しかし、猫だけで年間10万頭以上もの命が消されているのが現実です。この命を少しでも多く救いたい。少しでも多くの命に幸せを感じて欲しい。そう願う様になり、その形として私は「譲渡型の猫カフェ」を作ることにしました。

 

「譲渡型猫カフェ」をつくる為に、皆様にお力添えをお願いできませんでしょうか。

 

公園での子猫

(公園で必死に生きている子猫)

 

静県岡の現状。実は引き取られた内の87%が

殺処分されているという現状があります。

 

2013年静岡県では3,575頭引き取りをしたうちの3,136頭の猫の殺処分が行われました。これは引き取った猫の実に87%もの猫が殺処分されたということになります。静岡では、政令指定都市である静岡市以外の保健所で引き取った犬や猫は、一括して動物管理指導センターに移されます。ここで返還・譲渡されなければ殺処分となってしまいます。

 

保健所に持ち込まれる猫の大半は、1歳を迎えていない幼猫です。産まれて間もない、まだ目も開いていない様な子猫まで持ち込まれています。産まれたばかりの命なのに、すぐに消されてしまうのは本当に悲しい事だと思います。そんな命を救いたい。命を救う為にも新しい家族との出会いの場を提供したいと考えました。

 

(このデータには政令指定都市のデータは含まれていません。)

 

 

どうして猫カフェなのか。

 

猫の命を救うのに、なんで猫カフェをオープンする必要があるのかと思われる方もいらっしゃると思います。猫の命を助けるならば、動物愛護団体やボランティア活動をすれば良いのではと思われる方もいらっしゃると思います。

確かに今回猫カフェをオープンする予定の藤枝市周辺には、団体さんや個人で活動されている方はいくつもあります。

 

実際に私はそういった方々にお話を伺う機会がありました。そこでほとんどの皆さんが直面している問題がありました。それは保護猫がいっぱいになり猫の生活スペースが狭くなってしまう。また保護猫の預かり手を探してお世話をお願いするために資金がかなりかかってしまうというものでした。そこで私は猫の生活出来るスペースを作り、預かれる頭数を増やし、猫に新しい家族との出会いの場を提供出来たら、猫が救われるのではないだろうか。と考えました。

 

野良猫の親子(人間の都合によって捨てられた猫たち)

 

考えに考えた結果たどり着いた答えが猫カフェでした。

 

保健所やボランティア団体さん等の譲渡会を見学させて頂くことがありますが、猫は緊張していつも以上に大人しくなってしまったり、触れ合う時間が少ない為に猫の性格が見えないまま、決まる事はなかなか悲しいとお聞きしました。特に保健所では命の執行猶予があります。そんな時間の制約を取り除く事と、普段の猫たちの様子をみてじっくりと新しく迎える家族を探して欲しい。猫カフェでしたら、複数の猫を預かりながらその場で新しい家族を探す事も出来ます。人間と猫、お互いが幸せになれる場にもなると思います。それにより1匹でも多くの命が救われ、すばらしいご縁のお手伝いが出来たらと思っております。

 

里親募集の子猫

(里親をまっている子猫たち)

 

「誰でも楽しめる猫カフェ」

 

猫カフェをオープンするにあたりお店のコンセプトとして、「誰でも楽しめる猫カフェ」と言うコンセプトの元にお店作りをしていきます。猫は好きだけど家では飼えないと言う方や、家でも猫を飼っているけど、もっと色んな猫と触れ合いたいと言う方もいらっしゃると思います。そんな方々にも遊びに来て頂き、猫との楽しい時間を過ごして頂ける様に、キャットタワーやキャットウォークなど猫が楽しめる・くつろげる場所を随所に設置して行きます。

 

カフェブースは、猫ブースとは完全に分離しゆっくりと食事が出来るスペースを用意致します。また、地元や近隣の方々にも楽しんで頂く為にランチやスイーツ等もご用意し、どんな方でもご来店頂けるカフェとして考えています。

この猫カフェと通じて、里親を募集している猫がたくさんいる事や、ボランティア団体さんの活動や地域猫への理解等を、少しでも多くの方々に知って頂きたいと考えています。

 

引き取った猫

(保健所から引き取った子猫。こんな可愛いネコでも殺されていたかもしれないと思うと心が痛みます)

 

今回の支援金額とその内訳

今回希望する支援金の額は300万円です。

その内訳は下記の様になります。

 

店舗賃貸契約費     65万円

内装工事費       85万円

外装工事及び看板作製費 70万円

備品、消耗品費     30万円

手数料         50万円

 

今回皆様にお願いする支援金は全てこの譲渡型猫カフェを作る為に使わせて頂きます。皆様のお力をどうかお貸し頂けないでしょうか。

 

 

命の尊さは平等です。

命を大切にする気持ちは、人をひと想いにすると思うのです。

 

実は私は、ただ猫が好きだからという気持ちから里親募集や保健所からの引き取りで猫を飼い始めました。それから、野良猫や保健所に持ち込まれる猫の事現状を知り、何か出来ないかという想いが強くなりました。それから野良猫の保護や里親探しをする様になりました。もっと猫の事を知り関わりたいと思い、愛玩動物飼養管理士の資格も取り、今回皆様に御協力頂き譲渡型猫カフェをオープンしようとしています。

 

ですが、1人でやって来た事により、まだまだ無知で非力なところも多々ございます。それでも、真摯に猫と向き合い1匹でも多くの猫が素敵な家族の元で幸せに暮らせる様に努力していきます。一度失ったらもう二度と帰ってこない命だからこそ、大切に大切に心を込めて守っていきたいです。皆様の御協力・御支援をどうかお願い致します。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ 引換券について ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記の引換券をお送りします

 

 

★サンクスメール★

 

 

★猫カフェ1時間招待券★

※2016 年2月20日〜2017年2 月20日の間に有効

 

 

★カフェドリンク無料券★

※2016 年2月20日〜2017年2 月20日の間に有効

 

 

★オリジナルポストカード3枚セット★

 

 

★カフェ・スイーツ無料券★

※2016 年2月20日〜2017年2 月20日の間に有効

 

 

★オープニングパーティー招待券★

※2016 年 2 月 20 日〜2016 年 3 月 20 日の間に開催のパーティーに限る

 

 

★猫カフェ1時間貸し切り券★

※2016 年2月20日〜2017年2 月20日の間に有効

 

 

★猫のイラスト or ご自身の似顔絵★

※どちらかお選びいただけます。

 

 

★年間パスポート2枚★

※2016 年2月20日〜2017年2 月20日の間に有効

 

 

★志太榛原の特産品セット★

 

 

★猫カフェ1日店長(ランチ付き)★

※2016 年2月20日〜2017年2 月20日の間に有効


最新の新着情報