「がん患者さんを看病している人に役に立つこと」①

 

 

今まで多くの方に質問をいただき、お答えさせていただいたことをご紹介しますね。

ただ、末期がんを想定してお答えさせていただいているので、かなりシビアな回答となる場合があることをご了承ください。

 

 

 

質問:

患者の病状の変化に気持ちと知識がついていかない
 

 


答え:だいたいの方がそうです。

私たちはお医者さんではないので当たり前です。

癌になるまで患者は患者でなく、健康で過ごしていた姿を見てきたのに、

患者の(家族の)初めて見る苦しそうな姿を、いちいち驚いたり 変化に悲しい思いを感じるのは当たり前だと思います。


ただ、ここは無理にでも気持ちを踏ん張って、患者の変化を受け入れる努力をしてほしいのです。

なぜなら、体に(大きな・今までにない)変化が出ているということは、一緒に過ごせる時間がなくなってきている印かも知れません。

変化に気持ちを使って ヘトヘトになるより、患者が落ち着いている状態の時の家族の時間を大切にしてほしいです。


「変化を調べることについて」
具体的に行うことは、患者の変化については本や医師に訪ねてください。

病気の情報をネットだけに頼らないでください。

 


患者の変化を調べようとネットで検索をする方が多いのですが
ネットで情報を出している方は癌の専門家ばかりではありません。
確かな根拠がない情報を気軽に書いている場合もありますし、
時には癌患者さん本人が書いている場合もあります。
けれど、その癌患者さん本人が亡くなり情報が途中で切れてしまうと
あなたはどう感じますか?

私は、そのような患者本人のブログなどを見てきて
亡くなったであろう痕跡を見てしまった時は、「いつか自分の家族もこうなるんじゃないか」という恐怖を感じました。
それは私が欲しかった情報ではなく、癌を治してあげたい・良い治療法を見つけてあげたいという家族の願を裏切ることでしかないと思いました。


もし、患者本人のブログから勇気を分けていただいたり、治療の情報を知ろうと思った時は、ある程度の覚悟はして読んでいただくと、
同じ境遇での分かち合いや、患者自身の本音も伺え知ることができる場合もあります。



「辛い気持ちについて」

気持ちをへとへとにさせないで
と、先に書きましたが これが一番難しいのだと思います。
大切な家族の苦しむ顔や、日常のことが出来なくなっていく姿を見て
看病をしている自分も苦しいですよね。

そこで気持ちをへとへとにさせない為に、周りの人に頼ってください。
友人や、兄弟、親戚、看護師
なんでも頼って、時には泣いてください。

重要なことは「一人で抱え込まないこと」です。

 

抱え込まないコツは
「泣く」「愚痴を言う」「辛いと口にする」「周りの人を信用する」です。






大切な時間を 少しでも穏やかに過ごしていただけることを願っています。
「がん患者さんの看病をしている人のサポート協会」
HP http://www.gankanbyou.jp/

 

新着情報一覧へ