READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う

巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う

支援総額

7,190,000

目標金額 5,000,000円

支援者
326人
募集終了日
2017年2月21日
プロジェクトは成立しました!
39お気に入り登録39人がお気に入りしています

終了報告を読む


39お気に入り登録39人がお気に入りしています
2017年07月19日 16:00

東京文化会館小ホールロビーで蓄音機コンサートを開催しました

7月9日(日)に、東京文化会館小ホールで開催された「クロイツァー記念会 第41回例会 クロイツァー賞受賞者による演奏会」の開演前ロビーで、ミニ蓄音機コンサート「蓄音機で聴くレオニード・クロイツァー」を開催しました。

 

当日は見事な晴天で、それはもう暑い日になりました。コンサート開始は14時ですが、11時に蓄音機を抱えて会場入りです。


藝大から東京文化会館までは歩いて6~7分ほどですが、さすがに蓄音機を台車に乗せて上野公園をつっきるのは危険なので、タクシーに蓄音機2台、卓上型コロンピアとラッパ型のニッポノホンを乗せて向かいます。

 

途中、なぜかタクシーが東京文化財研究所(上野公園内)に行ってしまったり(「東京」と「文化」はあってるけど!!)、レコード針を荷物に入れるのを忘れていて取りに戻ったり(近くて良かった!)と、ビミョーなミスが続きますが、これもきっと暑さのせい!

 

小ホールロビーには、第九などで合唱団が座る木の椅子で観客席が作られて良い感じです。しかしこのロビー、蓄音機コンサートを開催した場所としては過去最大の空間です。今回は初めての試みということで、いつもコンサートで使用している大型のクレデンザではなく卓上型コロンビアを使用するので、音量的にちょっぴり不安があります。でも音量がありすぎると、文化会館の構造上、大ホールのロビーやエントランスロビーに音が行ってしまいます。「前川圀男はロビーを共通の空間とすることで一つの建物として統合し・・・」などと思わず思考を飛ばしてみても、ロビーのサイズも蓄音機のサイズも変わりません。レコードをかけて音を確認していると、出演者さんや関係者さん、スタッフさん達が興味深そうに見て行かれます。

 

そうこうしているうちに開場時間がやってきて、お客様たちが、だんだん蓄音機の前に集まって来られます。
13時20分の開始直前、私から蓄音機の紹介を、そして植田克己先生による挨拶と解説でミニコンサート開始です。

 

Chopin: Waltz in E minor, op. posth.
Polydor(ドイツ)90034
発売年: 1928年

 

Chopin: Mazurka No. 25 in B minor, Op. 33- 4
Polydor(ドイツ)90034
発売年: 1928年

 

Liszt :  La Campanella
Columbia(日本)S1007
発売年: 1937年

 

Rachmaninoff: Prelude in C-sharp minor, op. 3-2
Columbia(日本)J5594
発売年: 1938年

 

Chopin: Etude in G-flat major, “Black Keys”, op. 10-5
Polydor(日本)30018 [1324bk]
録音年: 1927年頃 発売年: 1928年

レーベル記載はないが「蝶々」もあわせて収録

 

ロビーというコンサート向きでない空間で、20分という短い時間ですが、レオニード・クロイツァーの奏でる音楽を、楽しんでいただけたのではないかと思います。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

藝大附属図書館の活動を応援する【御礼状、ニュースレター、本学HPにお名前掲載】

● 図書館から感謝の気持ちを込めて御礼状(E-Mailでの配信)
● プロジェクト完了まで進捗状況をMailニュースで配信
● 本学HPにご芳名掲載(ご希望される方のみ)

支援者
120人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

10,000

alt

レコードの危機を救う箱を寄贈する【レコード保存箱に箱寄贈者としてお名前を記載】

● 3,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載)に加えて、
● レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名を記載します(図書館長でデザイナーの松下計教授がデザインしたお名前を貼付)

支援者
133人
在庫数
153
発送予定
2017年7月

30,000

alt

箱を寄贈。未来の芸術家の力になる【箱寄贈者記載と藝大生デザインのオリジナルバッグ】

● 10,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載)に加えて、
● 「オリジナルクリアファイル」(1個)
● 藝大のデザイン科学生がデザインした「蓄音機・SPレコードをテーマとしたオリジナルトートバッグ」(1個)
*デザイン案が2つあります。プロジェクト募集終了後にどちらかお好みのデザインをお選びいただけます。 ※2017.2.15更新情報

支援者
38人
在庫数
158
発送予定
2017年7月

50,000

alt

藝大に行って応援したい。改修前の藝大図書館が見られるラストチャンス【図書館書庫と新館見学ツアーと蓄音機試聴】

● 30,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ)に加えて、

● 図書館書庫見学ツアーと蓄音機試聴(約1時間)
2017年秋から改修工事が行われるため、現在の姿の図書館が見られるラストチャンスです。普段は入れない書庫をご案内します。蓄音機でSPレコードも試聴していただけます。
*開催期間:2017年3~6月
*開催予定:平日12:00-13:00(数回)/平日18:30-19:30 (数回)/土曜15:00-16:00 (2回)

● 図書館「新館」見学ツアー(約1時間)
2017年春に竣工予定の図書館新館。2017年夏に現図書館から引っ越し予定ですが、その前の「本が入っていない」状態の図書館を見学しませんか。時間があれば蓄音機試聴もできるかも。
*開催期間(予定):2017年6~7月
*開催予定:平日14:00-15:00(数回)/土曜13:00-14:00(2回)

支援者
24人
在庫数
26
発送予定
2017年7月

70,000

alt

未来に残すべき巨匠の音を聴く。ワインや珈琲を楽しみながら【限定蓄音機コンサート】

● 30,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ)に加えて、

● 支援者限定蓄音機コンサートにご招待(上野キャンパス内にて開催)
*ワインや珈琲を楽しみながら音楽を聴く特別コンサートです。
*日程は2017年6月2日(金)19:00からを予定 ※2017.2.2更新情報
*1名まで同伴可

支援者
11人
在庫数
9
発送予定
2017年7月

100,000

alt

未来に残すべき巨匠の音を聴く。あなただけの時間【限定蓄音機コンサート】

● 30,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ)に加えて、

● あなただけの蓄音機コンサートを開催(上野キャンパス内)します(1時間)
*日時、プログラムは応相談(2017年3~6月の間)
*解説はつきません。演奏レコードリストをご用意します
*1回のコンサートに6名までご参加いただけます

支援者
3人
在庫数
完売
発送予定
2017年7月

200,000

alt

藝大から感謝の気持ちを込めて【ヴァイオリニストの澤和樹学長による 特別限定コンサート】と【限定蓄音機コンサート】

● 100,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ、⑦あなただけの蓄音機コンサート)に加えて、

● ヴァイオリニストの澤和樹学長による、特別限定コンサートにご招待します。終演後は学長を囲んでの懇親会も。(上野キャンパス内にて開催)
*日程は後日お知らせします
*1名まで同伴可

支援者
8人
在庫数
1
発送予定
2017年7月

プロジェクトの相談をする