プロジェクト終了報告

2018年04月21日

無料公演「ギンノキヲク」&介護福祉フェス!終了のご報告

この度はたくさんのご支援、誠にありがとうございました。
ご支援くださった皆様のおかげで無事にイベント大成功で幕をおろす事が出来ました。
本当にありがとうございました!
 
 
【観劇のご感想】
・介護問題の現状がよく伝わってきました。
 そして、自身にもこれから遭遇するかもしれない…という心構えも。

・介護がテーマの作品と聞いてヘビーなお話なのかな?と身構えていました。
 実際にはコミカルに且つ分かりやすく介護の世界の現状や問題点が描かれていて、
 楽しみながら理解を深めることができました。

・私の母親もアルツハイマーからの脳内出血で介護病棟に入って数年経つ。
 涙を溢しながら観て、終演後は何故かスッキリした気持ちになった。

・今は介護に関係のある人もない人も、みんなが介護について考えるきっかけとなる芝居。
 
 
介護をテーマにしたラビット番長の舞台「ギンノキヲク」を入場無料にすることが出来たのは支援者様のおかげです。
無料公演ということで普段は演劇を観ないというお客様も大勢お越しくださいました。
そして「このイベントが介護について考えるきっかけになった」というお客様もたくさんいらっしゃいました。
 
 
【収支報告】
皆さまからご支援頂いた資金1,245,000円は、全額このイベントのために使用させていただきました。
※舞台監督費、音響費、照明費、舞台美術費、運搬費、大道具・小道具・衣裳、制作費等、
 合計1,863,665円の支出がありました。不足分はグッズ販売収入、フェス出展料等で補いました。
 キャストは全員ノーギャラ、当日運営スタッフはボランティアでした。
 
【愛の込もった花束をいただきました】
 
【今後の予定】
ラビット番長は2017年「成り果て」という演目で、第29回池袋演劇祭にて『大賞』を受賞いたしました。
そしてなんと副賞として2018年9月にもまたあうるすぽっとでの上演権を獲得いたしました!
 
今回の経験を活かし、
2018年9月にラビット番長の福祉フェス第2弾を計画しております!!
 
次回も盛り上げて参りたいと思います。
もしよろしければ是非またご支援のほどよろしくお願い申し上げます!
 
今後ともラビット番長を
何卒よろしくお願い申し上げます!
 
ラビット番長