READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

キーボード操作が困難な人向けに新しい入力デバイスを開発したい

佐々木 龍文

佐々木 龍文

キーボード操作が困難な人向けに新しい入力デバイスを開発したい

支援総額

880,000

目標金額 850,000円

支援者
63人
募集終了日
2015年9月12日
63人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録
7人がお気に入りしています

終了報告を読む


7お気に入り登録
7人がお気に入りしています
2015年09月03日 14:07

インタビュー⑤ホットな話題・感圧センサーとウエアラブル端末

Q1)グリップギアの指先のユーザーインターフェースはどういう技術を採用しますか?


A 今話題のiPhoneの次機種に搭載すると言われている「感圧センサー」です。
 これはグリップギアが特許出願したときには、「感圧センサー」を項目に入れています。Appleとは違うとものですが、市販品の「感圧センサー」を採用予定しています。

 

Q2)「感圧センサー」はスマホのタッチ入力にどんな影響を与えると思いますか?

 

A クリックやダブルクリックの頻度を減らすことには有効だと思います。

キーボードの配列を変えない限り「便利ワザ」ツールに近いものだと思います。「感圧センサー」のタッチ入力に対応したアプリがそろってきてから活きる技術だと思います。

 

Q3)「感圧センサー」はApple Watchなど「ウエアラブル端末」にも搭載されるようですが、グリップギアとの違いは何ですか?

 

A 「ウエアラブル端末」は表示にはメリットがありますが、入力の面ではウエアラブルというコンセプトゆえに自由度が限られます。ユニバーサル(万人に公平な)ではない方向に行く恐れがあります。グリップギアはあくまでもアクセシビリティ(門戸開放)向上を目指します。
 

開発秘話インタビュー佐々木に聴け!連載④入力の仕組みは?障害者とものづくりイベント【グリップギア】「2本目の義足」
一覧に戻る

リターン

3,000

■サンクスレター
■画家の富岡さんのポストカード3枚

支援者
34人
在庫数
制限なし

10,000

3000円の券に加え、
■ホームページへのお名前記載
■手芸作品

支援者
27人
在庫数
制限なし

30,000

1万円の券に加え、
■オリジナル水彩画

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

3万円の券に加え、
■伊勢神宮の神田で発見された御神米イセヒカリ豊橋産5kg

支援者
5人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする