ハロハロは現地団体TulaysaKinabuhiと一緒に【手工芸の技能講習】をしています。

現在のメインは廃材を使ったポーチやバッグなどの製作。

ハロハロが関わる前から現地団体の数名が作っていたこの雑貨作りに対して、

生産品質向上やマーケット開拓の面で関わっています。

 

2014年は国際協力財団さんの行うNPO助成に採択いただき、

地域の女性たちのべ40名に対して技術講習を実施することができました。

以前からこの雑貨作りに関心があったけれどきっかけのなかったお母さんたちが

細やかな編み作業やミシンでの縫製に驚きつつも新しい技術を身につける

そんなきっかけになりました!!

地域の女性たちは専業主婦が多く、女性たちの集まる機会はほとんどありません。

いつでも『集まる場』があるということは、そんな女性たちが地域社会に参加していくきっかけになります!!

2014年は地域行政施設の一部を借りて実施したので、いつでも来れる場ではありません。

地域住民に密着したスペースであることの大切さを感じました。

より安定した事業実施のためにも、現在は「場」作りが優先されています。

 

最近、この廃材自立支援を通して隣町の女性組合とのつながりもできました。

彼女たちの場合はちょっとした集まりから地域の清掃や自立支援事業に広がったそうです。

 

このセブ市沿岸部スラム地域でも「集まる場」をきっかけに、地域の女性たちの前向きなパワーをもっともっと育むチャンスを広げたいと思っています♥️

 

Ready for? クラウドファンディングでこの地域に交流センターを、応援よろしくお願いします!!!

新着情報一覧へ